50歳で大学生になったパリマダム。転職を繰り返してようやく巡り合った生涯の仕事とは?

202001_92-93_1

これまで様々な仕事を器用にこなし、転職を繰り返してきたセリーヌさん。でも出産を機に、心持ちにも変化が……。ようやく巡り合った今の仕事が、まさに天職だと語ります。

39歳で出産し、その後シングルマザーになったセリーヌさん。
「子供の父親とは3年で別れてしまったの。シングルマザーになったこともあり、安定した職業を求め、子育てしながら独学で司書になる勉強をしたんです。国家試験にも合格しなければいけないので、子育てをしながらの勉強など、かなり努力が必要でした」

セリーヌさんの20代は、バーテンダーとして働く日々でした。不規則な夜の仕事では、家族や恋人と生活が真逆。その後は出版社で編集助手として校正をしたり、取材をし、フォトグラファーの恋人もいたそうです。
「その後、空港のPR業務などオフィスワークをしていたんですが、毎日が同じルーティーンワークで飽きてしまった頃、ちょうど出会いがあり、 39歳で子供を産んだんです」 

自身の性格を飽きっぽいかもと話すセリーヌさん。仕事を覚えるのも早く、数年するともうやり終えたような気分になり、結果、転職を繰り返していたのだとか。
「子供を持つと心が安定を求め、いったんは司書として落ち着きました。でもいま一度チャレンジをと考え、大学で幼稚園の教論になるための勉強を始めたんです」

202001_92-93_3
大学で使っているテキスト。フラ ンスの大学ではシステム上、途中退学する人がとても多いそう。セ リーヌさんは必ず卒業すると決意。

周りからは、子供がいながら50歳での大学入学は無謀だと言われました。
「たしかに生活はとても大変です。でも実家の父がすごく応援してくれました。そして10代、20代の若い同級生たちに『自分が50 歳になることなんて想像できないけれど、セリーヌを見ていると希望が持てる』と言われたのが、とても嬉しくて」 

今は幼稚園で教育実習中。子供と過ごす時間は素晴らしく、忙しい毎日ながらアイデアも次々とわいてくるそう。
「子供に数字を教えたり、歌を歌ったり、新しい課題を見つけ、子供のための新しいプログラムを考えることに、とてもやりがいを感じています」

教員試験にも見事パス。自分の一生の仕事にしようと心に決めています。そしてプライベートでは、「今は息子との暮らしが気に入っているので、誰かと同居するつもりはありません。もちろん恋愛はその都度していて、一番若い恋人は25歳も年下でした。今後は再婚とかではなく、男性とは少し距離を保ちながら、恋愛をしていきたいと考えています」

時間があるときに、学校での出来事など、気になる題材をイラストにしている。将来はブログか本にしたいと考えているそう。

幼稚園の子供たちと一緒に作ったコラージュ。幼稚園がある13区を子供たちと巡り、見た風景などを題材に、一緒に制作した宝物。

本が大好きなので司書の仕事も楽しくやっていた。でも今、子供た ちと接していると、やはり幼稚園の先生が天職だと感じるそう。

/

キーワード