離婚、失業危機、更年期障害を経て、穏やかな暮らしを手に入れたパリマダムの逆転人生。

202001_86-87_1

48歳で離婚。その後、失業危機など幾多の受難を乗り越えながら、迎えた50代。現在は、新たなパートナーとともに心おだやかにパリ郊外の庭付き一軒家に暮らす一人のパリマダムに、心の持ち方を聞きました。

フランスのファッションブランド 『ザディグ エ ヴォルテール』 のセールス責任者として世界中を駆け回るシャルロット・ヴォージェルさん。

「夫が若い恋人を作り、突然離婚を切り出されたんです。立て直しを試みたものの失敗し、結果5年間の離婚訴訟の末、48歳で離婚したんです」
夫は仕事の関係で平日は南仏で過ごし、週末だけパリで家族と過ごす生活でした。長年の週末婚のせいか、すれ違いが続き、溝ができてしまったといいます。
「別れを切り出されて仕事が手につかず、休職して子供と南仏に引っ越し、 修復を試みたんですが、ダメでした。 その時は6㎏痩せ、友人にも会わず、ひとりで南仏に引きこもりました」

ようやく立ち直ってパリに戻ると、今度は会社から「戻らなくていい」と 解雇通告。でもそこでめげないのが、シャルロットさんの強みでした。
「結婚も失敗したうえに、仕事まで失うわけにはいかないと、オフィスの中に空いている部屋と机を見つけ、私はここまで仕事ができるんだと周りにアピールしていったんです。かなり無茶な行動ではありましたが、少しずつ理解を得て、解雇を免れました」

その後も努力を続け、今では〝ザディグの母〟と呼ばれ、ブランドになく てはならない存在になりました。
「独身になると、何人かの男性からア プローチがありましたが、誰かと一緒に生活するのはもう考えられなくて」

そうこうするうち、友人の誕生会で 現在のパートナー、同じ年のステファ ンさんと出会ったのです。
「彼は時間をかけて私と向き合い、『きみが幸せでいられるよう、僕が面 倒を見てあげる』と言ってくれました」
同居を決意したものの、お互いの連れ子を合わせると8人の大家族。一時 は大人数で暮らしましたが、子供たちが独立したことをきっかけに、半年前にふたりで住む家を購入したのです。

202001_86-87_2
リビングルームはシャルロットさんが一番落ち着く場所。水曜日は仕事を休み、ここでひとり、好きなことをして過ごしている。

「彼は結婚しようと言ってくれますが、 私は形式にはこだわりません。自立した自由な今の生活がいいなと思うんです。50 代で始まった更年期障害の辛さも彼が支えてくれ、心おだやかに過ごせています。今は仕事をしつつ、料理や庭いじり、孫も生まれて面倒をみたり。辛い時期もポジティブに捉え、がんばったので、最終的に人生が良い方向に向かったのではないかしら?」

202001_86-87_3
パートナーのステファンさんの子供も含め、たくさんの子供たちと ここで食事をする時間が増えたのが喜び。

キーワード