【ヘアスタイリスト・松浦美穂さんのコーディネート】再生素材で装う、型にはまらないファッションの楽しみ方。

松浦美穂

おしゃれのテーマでは初登場となる松浦美穂さん。素材やデザインにこだわった、松浦さんらしいコーディネートをたくさん見せていただきました。

好きな要素を直感で着るシンプルスタイル

服選びで気に掛けることはというと「どこか革新的な精神が入っている服がいいし、デザイナーの哲学を感じたいと思います」と松浦さん。メゾン マルジェラとエムエム6 メゾン マルジェラの服がワードローブに多いのは必然と言えそ うです。

さらに日ごろ「アップサイクルなど循環をめざす」活動をしていることもリンク。 「物を大切にしたい精神が原点にあります。できるなら再生素材だけで装いたいほど。そういった取組みをしたり、コンセプトを持つデザイナーの服も着ていきたい」 (松浦さん)

松浦美穂 メゾンマルジェラ Plan C パーカ
ロンドンに住んでいた時、 雨よけに便利で親しんで 以来パーカは必須」パーカの上、Plan Cのジレも黒で、メンズライク気味に。「一色加えたくなるタイプなんです」とメゾンマルジェラのピンクパンツを選択。
松浦美穂 エムエム6 トレンチコート
ビッグサイズのパーカの上には、エムエム6のトレンチコートを解体して新たなフォルムに再解釈したジャケットを。オーダーで作ったシルバーのワイドパンツは、廃棄を免れた上質レザー製。尖ってます。
/

「シチュエーションとあまり関係なくその日のカンで服を選び、合わせます。動きやすさも大切。サロンで着てバッグだけ持ち替えて夜食事とか……。また同じ服でも着こなしを変え楽しみ尽くします」(松浦さん)

お気に入りコートを、 着方の変化で堪能。

松浦美穂 スエット オーバーコート 再生素材
白のスエットとパーカの潔さをイン。BRINGのスエットは再生素材を使用。
松浦美穂 メゾンマルジェラ 折り紙バッグ
メゾンマルジェラのフードに主張があるパーカ。折り紙に着想を得た同ブランドのバッグも、白の軽みがありつつ、印象が濃い。
/

「永遠に着たい服しか着たくない。縫製や生地のよさにうっとりするOVERCOATのコートも一生もの。また、小柄なのでスッキリ感は大事」。(松浦さん)

松浦美穂 メゾン マルジェラ×リーボック
先ほどのコートをウエストマーク、 袖はふんわりアップして。 中にさらり、黒のミニワンピースを。メゾン マルジェラ×リーボックのコラボスニーカーは「アグレッシブなデザイン。 プラットホームのソールが楽で仕事にも活躍!」(松浦さん)
松浦美穂 ゴールドリング もこもこバッグ
Taijyuのバングルやお母さんの形見リングなどのゴールドがシックに映える。もこもこバッグでエレガントさを抑え活動的に。
/

表情豊かな一着は、 着回しで別物に

松浦美穂 ベロア セットアップ ネペンテス
異素材を合わせたメゾン マルジェラのコートはネペンテスで買ったベロアのジャージと。赤の古着風セットアップは印象も強くコート前面の正統派な雰囲気との対比がユニーク。
松浦美穂 グラム スラム 環境
メゾン マルジェラ 「グラム スラム」バッグ を抱えて。「バッグは何度も修理に出して愛用」(松浦さん)服との色合わせが印象的。Honoka’s Emeraldsのリングも環境に配慮したストーリーをもつ。
松浦美穂 シルバーベルト タビブーツ
「後ろがシルキーな素材感でフェミニンに演出できるのも魅力。ワンピースとしても着ます」(松浦さん)かなりブラウジングして丈も短めに。素足で「タビ」 ブーツ、シルバーベルトで夜の外出にもピッタリの風情に。
/

「ファッションは楽しまなくてはと思うし、人とは同じにしたくないんです。もともとヘアアーティストを志したのもそんな発想から。その時の気分を演出できるヘアとファッションが常に理想。」(松浦さん)

写真/玉井俊行、取材・文/原 千香子、再編集/久保田千晴

●コーディネートに関する記事、他にもいろいろ。

◎【津曲久美子さんのおしゃれ術】大人であるほど上品になる!センスが光るモノトーンコーデ
◎上品にも、カジュアルにも! 振り幅広いコーデができるダウンの選び方って?

結城アンナ 連載

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 前編】「おもてなし感覚が楽しい!」見て、触れて、味わう、 新しいストア体験。Vol.5

Promotion

キーワード