読むと元気になれる、話題の新作エッセイ&コラム3選。【#わたしジャーナル】

読者のみなさまから寄せられた素敵な投稿を、クウネル・サロンで紹介する参加型企画『わたしジャーナル』。日々の暮らしで見つけたワクワクを、Instagramで専用ハッシュタグをつけてシェアしていただいています。

今日は、#クウネル読書 からピックアップ。読んだらきっと元気付けられるようなエッセイ&コラムを@kaorubooks07さんと、@matsumotoerinaさんの素敵な感想とともにご紹介します。


おすすめエッセイ 01
『酒寄さんのぼる塾日記』 酒寄希望 

酒寄さんのぼる塾日記 酒寄希望

先月2021年12月に発売したばかりの『酒寄さんのぼる塾日記』(ヨシモトブックス刊)は、人気お笑いグループ・ぼる塾の育休中のメンバー酒寄希望さんによるエッセイ集。「自分たちの面白さに気づいていない3人をもっと知ってもらいたくて書きはじめた」という著者が、育休中のならではのメンバーとの絶妙な距離感で、ぼる塾との楽しい日常をやさしい言葉で綴る。笑いと友情の温かさが溢れ出る一冊。

「年末にnoteを読み始めたら笑いすぎたので、改めて単行本を購入しました。田辺さんだけでなく、あんりちゃんとはるちゃんも面白い。 酒寄さんが3人のことを大好きということがわかるし、3人も酒寄さんのことが大好きなのが伝わってきます。特に田辺さんについて書かれたところを読んだとき、涙を出して笑ってしまった。笑顔になりたい人におすすめです」(@kaorubooks07さん)


おすすめエッセイ 02
『50歳になりまして』光浦靖子

50歳になりまして 光浦靖子 エッセイ 留学 カナダ留学

2021年に念願のカナダ留学に飛び立った、光浦靖子さん。その少し前に発売されたエッセイ『50歳になりまして』(文藝春秋刊)では、念願の留学に至るまでの話をメインに綴った全23話を収録。40代からの仕事の変化、コロナ禍、更年期のとまどい、そして老後の話まで盛りだくさん。50歳を目前にして、海外留学という新しい挑戦をしている著者に思わず勇気がもらえること必至です!

「留学しようと思ったきっかけや、マンションの退去手続きのあとにコロナで留学が延期になり妹さんの家に居候していた話、子供の頃のことや老後の心配、仕事についても少し綴られています。女優さんが書くような上品なエッセイは共感しにくいところもありますが、かなり偏屈で本音丸出しな光浦さんには好感が持てました!」(@matsumotoerinaさん)


おすすめエッセイ 03
『まさかの日々』中野翠

まさかの日々 中野翠 コラム エッセイスト

コラムニスト・中野翠さんが『サンデー毎日』にて連載しているコラム1年分をまとめたコラム集。毎年発売されている人気シリーズですが、2021年は『まさかの日々』(毎日新聞出版刊)と題し、“まさか”続きの1年を振り返ります。ニュースや出来事の時事ネタほか、映画や本をはじめとする2021年を総ざらいするカルチャー話も盛りだくさん!

「毎年12月の楽しみは、中野翠さんのコラムがまとまった単行本を買うこと。買い始めてすでに四半世紀になります。年末に読んで今年を振り返るのが私の年中行事。コロナで始まった2021年は、オリンピックもあったし、コロナの流行の波もあった。色々あったのに、意外と忘れてしまっていることに読みながら気づきました。今年のコラムには、私も見て楽しかった映画が何本か紹介されているのがうれしかったです」(@kaorubooks07さん)

魅力的なエッセイ&コラム3冊をご紹介しました。ぜひ次の読書選びの参考に! そして皆さんの愛読書も、ぜひ #クウネル読書のハッシュタグをつけて教えてくださいね。


◆わたしジャーナルの今までの記事はこちらから

『わたしジャーナル』では、みなさまからの素敵な投稿を随時募集中!「今日のお弁当うまくできた!」「おすすめのこれ、シェアしたい」「このおやつ知ってる?」「この本、とても感動します」「これって懐かしいよね?」 そんな、日々の暮らしで見つけたワクワクを、専用#(ハッシュタグ)をつけてシェアを。仲良しのお友達とおしゃべりする感覚で、あなたの「おすすめ」をどんどん教えてください。編集部で気になった投稿は、クウネル・サロンで紹介させていただきます。

キーワード