色の効果でシミやシワを目くらまし。『パーソナルカラー診断』で新しい自分を発見!

カラーセラピスト岩崎聡美さん

「パーソナルカラー」、「イエベ」「ブルベ」というワードは知っていても本格的な『パーソナルカラー診断』となると及び腰になったり、好きな色を着たいから必要ない!と思っている方も多いのでは? 私もよくあるチャート式のパーソナルカラー診断だと、好きではない色にたどり着いてしまうので、気にしないふりを決め込んでおりました。

そもそも『パーソナルカラー診断』とは何をしてどんな効果があるのか、スタイリストとして活躍しながらパーソナルカラー診断とカラーセラピーが体験できる『IRO salon』を主宰している岩崎聡美さんの元を訪ねました。

似合う色=肌や瞳、口元から髪まで美しく見せてくれる色

一般的に肌の色はブルーアンダートーン/イエローアンダートーンの2タイプに分けられ、そこからさらに春・夏・秋・冬の4タイプに分類されます。似合う色と似合わない色があるのは分かるのですが、それって好みの問題では?

「メイクしていなくても、この服だと肌がきれいに見える。とか、完璧にメイクしていても『疲れてるね』って言われちゃうことがあると思います。色には“同化現象”というものがあって、この作用で肌や髪をきれいに見せることができるんです。オクラやみかんはカラーネットに入って売られていますよね? スーパーではきれいに見えていたのに、袋から出してみたらキズや色の悪さが気になる。同じように肌のトーンに合った色を身につけてれば、シミやシワは気にならなくなり、逆に合わない色は、シミやシワが色濃く見せてしまうんです」

おくら
オクラで色の同化効果を検証。確かに、袋から出すと色ムラや傷が気になるけれど、ネットに入っていると瑞々しく見える。
ブルーベースカラーチャート
「ブルーアンダートーン」のカラーチャート。ソフトで落ち着きのある「パステルサマー(左が側)」とハードで華やかな「ブリリアントウィンター(右側)」の2タイプに分けられる。
イエローアンダートーンのカラーチャート
「イエローアンダートーン」のカラーチャート。ソフトで華やかな「ブライトスプリング(左側)」、ハードで落ち着きのある「ディープオータム(右側)」に分けられる。
/

確かに、オクラとみかんのカラーネット説には説得力あり。シミやシワの存在が気にならなかった若い世代ならまだしも、年齢とともに様々なものが刻まれてきた大人にとってこの差は大きいはず。

「若い頃って肌のハリや艶で多少似合わない色でもなんとかなるんですが、シワやくすみが気になる世代には、色の力を知っていただきたい。高いお化粧品を買うよりも、若見え効果が実感できると思います。パーソナルカラーは日に焼けたり年齢を重ねたりしても変わらないのでぜひ一度体験を。自分で理解して取り入れることができれば、ここぞという時の味方になってくれますよ」

似合わない色=ほうれい線が濃くなり、気付かなかったシミまで出現

早速岩崎さんによるパーソナルカラー診断を受けてみることに。初めに診断カルテに記入し、自分の好きな色を知ることから始めます。

パーソナルカラー診断カルテ
好きな色、嫌いな色を改めて考えることで自分の色の選択肢が少ないことを実感。趣味は最後のファッションアドバイスに反映されます。
カラーチャートで好みの色の傾向をチェック。一口にレッド系といっても様々な色があることを改めて実感。
/

いよいよ診断。鏡の前で、4タイプに分かれたカラーの布を顔の下に当てていきます。最初は似合う/似合わないの差がピンとこなかったものの、布を当てた時のほうれい線やゴルゴ線( 目頭の下から頬の中央方向へ斜めに入る線)、クマやシワの濃さ、唇の色や瞳の色が冴えて見えるか。などの判断ポイントを理解するとその違いは歴然。特に似合わない色を当てると、目の下に今まで気付かなかったアザのようなシミが浮き出てきてびっくり。

「合わない色は、本来ならあまり気付いていないシミやシワを影のように出現させてしまうこともあるんです。似合う色だと白目と黒目がくっきりして瞳が輝き、目までぱっちり大きくなるのがわかりますよね」

診断によると、私の肌タイプは「イエローアンダートーン」の「ブライトスプリング」。明るく華やかなカラーチャートですが、持っている服の多くが「ブルーアンダートーン」の「ブリリアントウィンター」だったので正直少し戸惑いました。とはいえ合わせる色によってシワが濃くなるサマを目の当たりにしてしまったので、“好み“より“シワやクマが目立たないこと“を優先したい気持ちに。

カラー診断様の布
こちらがカラー診断に使う布。左上が春・右上が夏・左下が秋・右下が冬。大差ないように見えても、合わせる色によって肌がくすんだり明るく見えたりするのでびっくり。
パーソナルカラー診断
鏡の前で顔の下に一枚ずつ布をあてていきます。シワの濃さを目安にすると自分でも似合う似合わないの判断ができるように。
パーソナルカラー診断
「パステルサマー」の岩崎さん(上段)は左側のピンクだと顔色が白く明るく、右側の合わないピンクだと頬に赤みが増し、口元がくすみ、肌色にムラが出て見える。「ブライトスプリング」のライター吾妻(下段)は右側の合わないグリーンだとクマ、ほうれい線やゴルゴ線が濃くなり、髪質までパサついて見える。
/

「別に毎日パーソナルカラーを意識して服選びをする必要はないと思うんです。それぞれ好みもありますものね。ですが似合う色を知っていれば、ここぞという時、本来持っているポテンシャルを輝かせることができます。例えば大事な人に会う時、仕事で注目を浴びるシーンなど、一番きれいな自分でいたい時に、パーソナルカラーを身につけてみてください。年齢を重ねた大人こそ、その効果を実感できると思いますよ」

「アイボリーはお着物が素敵じゃない?」「明るいブルーはデザイントップスで取り入れてみたら?」などスタイリストの岩崎さんならではのファッションアドバイスを聞いているうちに、普段身につけない華やかな色に気おくれしていた私もだんだん具体的なイメージが湧いてきました。

最終的には、どうして今までわざわざ「映えない」色を着ていたんだろうと反省。現状の自分のベストとワーストを客観的に知ることができる『パーソナルカラー診断』、思い込みや経験値で守りに入ってしまいがちな大人の女性こそ、体験してみてはいかがでしょうか。

取材・文 吾妻枝里子

キーワード