長く愛用したい、こだわりの日用品が見つかる「LOST AND FOUND TOKYO STORE(ロスト アンド ファウンド 東京ストア)」

lost and found

今年11月に東京・富ヶ谷にオープンした、話題のセレクトショップ「LOST AND FOUND TOKYO STORE(ロストアンドファウン東京ストア)」。手掛けたのは、石川県白山市にある、創業113年の老舗洋食器メーカー「NIKKO(ニッコー)」。そのこだわりのセレクトをご紹介します。

lost and found
東京の奥渋と呼ばれるエリアにオープン。

■手前は厳選された日用品が並ぶジェネラルストア

ショップ名の「LOST AND FOUND」は、”忘れ物保管所”という意味。「NIKKO」の食器のように、確かな技術に基づいて長い間作り続けられてきたのに、 世の中にあふれた多くのものに紛れてしまったり、今も通用するのに時代の流れに埋もれてしまった良いものをテーマにセレクトした、ジェネラルストアとしてオープンしました。商品のセレクトは、ライフスタイルショップ「Roundabout(ラウンダバウト)」「OUTBOUND(アウトバウンド)」オーナーの小林和人さんが担当。国内外問わず、厳選した日用品が約800点が並びます。

lost and found
歯ブラシも含めたブラシは、店内に約100アイテム。ドイツの「レデッカー」のほこり取りブラシなど、インテリアにもなるブラシはプレゼントにもおすすめ。
lost and found
1番人気は、新潟県三条市の金属製品メーカー「BELMONT(ベルモント)」のケトル。底が広いためお湯が沸きやすく、コンパクトにもなって機能的。
lost and found
ハンドメイドのフライパンで有名な「Turk(ターク)」。あえて機械生産のシリーズを並べている。
lost and found
カトラリーやクロス類など、来年3月までには1200アイテムに増える予定だそう。
lost and found
どんなアイテムにもよく合う、「NIKKO」の白い器。
/

もうひとつ注目したいのは、「NIKKO」の長い歴史の中で作られてきた膨大なコレクションの中から、現代の暮らしをより豊かにしてくれる21アイテムを選び抜き、再編集した「REMASTERED(リマスタード)」コレクション。「NIKKO」の伝統的なシンボルマーク“ダブルフェニックス”を蘇らせた、新たなロゴも魅力です。手頃な価格で、長くきれいに使える白い器は、将来的にも価値のあるアイテムになりそう。

lost and found
いろんなお店で使われていた器を家庭でも使いやすく、洗練されたデザインに再編成した、「REMASTERED」のシリーズ。
lost and found
「REMASTERED」シリーズの裏には、薄いグレーのインクで押された、ダブルフェニックスのロゴが。
/

■奥は「NIKKO」のアイテムが並ぶショールーム兼ストア

lost and found

お店の奥には、「NIKKO」の定番の器がずらり400点並びます。シンプルな器はどんな器とも相性がよく、人気なのだとか。

lost and found
一番人気は、マットな釉薬を使ったスタイリッシュなシリーズ「Saredo(サレド)」。
lost and found
今年から販売もするようになった、柳宗理がデザインした「柳宗理ボーンチャイナ」シリーズ。
lost and found
使い捨てのプラスチックカップの代わりに、何度でも繰り返し使えるように作られた、陶磁器マグカップ「#Single use Planet」。収益の一部は、海洋汚染に取り組むNPO団体に寄付される。
/

セレクトの1点1点にこだわりがあり、内容がぎゅっと詰まった、今までにありそうでなかったお店。きっと長く付き合える名品に出合えるはずです。

取材・文 赤木真弓

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード