映画好きの写真家・富永よしえさんに質問!「絶対に観たい新作映画は?」

グレタ

「今度の年末年始は、映画でもゆっくり観ようかしら」というクウネル世代も多いのでは? そこで、オリジナルの感性で映画を楽しむ映画好きの写真家・富永よしえさんに愛してやまない映画の一問一答です!

Q.1 映画館で初めて観た作品は?

『銀河鉄道999』(1979年東京で)。小学6年の時、親戚の叔母に連れて行ってもらいました。映画を観終わり、感動した余韻でその場でアルバムも即購入しました。

Q.2 年間で何本、映画を観ますか?

4〜5本、数は多くないですね。

Q.3 好きな映画のジャンルやタイプは?

ヒューマンドラマ、伝記、ドキュメンタリー。

Q.4 映画について参考にしているソースは?

ジム・ジャームッシュ、配給会社ロングライド、俳優井浦新さんのインスタをフォローしています。ジャームッシュは10代から好きな監督です。好きな映画を探すとロングライドが多いです。新さんは舞台挨拶で地方の映画館へまめに行かれていて、それら内容をSNSでアップしてくれるので、日本映画の現在を知ることができます。

Q.5 コロナ禍で、映画の見方は変わりましたか?

遠出ができない状況だったので、映画館へ行く頻度が増えました。

Q.6 クウネル世代におすすめの作品は?

『マルタン・マルジェラ』
マルタンの生き方が大好きです。貴重な記録映像を観て全てにおいて学びたい。

マルタン・マルジェラ

© 2019 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata Productions

『グレタ・ひとりぼっちの挑戦』
我が娘と同じ歳頃の女の子が、世界に向けて問題定義を発信する源、またグレタの家族、 周りの環境の記録を観て将来に向けて学びたいから。

グレタ

© 2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.

『ジャズ・ロフト』
写真家ユージン・スミスが「自分の人生の記録中だ」と予告編にあった。魂を削り、魂を込めながらシャッターを切る写真は後世に刻まれる。写真家の原点を見つめてみたい。

ジャズ・ロフト

©2009, 2015 The Heirs of W.Eugene Smith

『ku:nel』2022年1月号掲載

取材・文 河田実紀 再編集 久保田千晴

キーワード