川邊サチコさん&美木ちがやさんが太鼓判!【おしゃれしたくなる映画3選】

ファッション界、美容界の第一線で活躍を続ける川邉サチコさん、美木ちがやさん母娘。だからこそ、「映画はストーリーよりも、衣装や髪型に自然と目がいく」そう。おふたりの好みが一致した映画を教えていただきます。


すべてのシーンが美しい!

『クイーンズ・ギャンビット』

50年代の冷戦期を舞台に、チェスの天才少女の成功と葛藤を描く。「衣装、インテリア、色と光、すべてがマッチしていて、とにかく1コマ1コマ映像がきれい。切り取って飾っておきたいくらい」(ちがやさん)「少女時代の地味で堅苦しい服から一転、自信をもつようになると着こなしが洗練されてくる。そういう彼女の人生や心の変化を、ファッションやメイクから読み取れる面白さがあるの」(サチコさん)

出演/アニャ・テイラー=ジョイ 2020年 Netflix オリジナルシリーズ、独占配信中


これ以上におしゃれな映画はありません。

『ティファニーで朝食を』

ティファニーで朝食を
ティファニーで朝食を
/

(C)1961 by Paramount Pictures and Jurow-Shepherd Production All Rights Reserved.TM,(R)&(C) 2011 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

「ヘプバーンのまとめ髪とジバンシイの黒のドレスのバランスは完璧。ファッションでこれを抜く映画はないと思う」(サチコさん)

出演/オードリー・ヘプバーン DVD¥2,075 販売:NBCユニバーサル・エンターテイメント


最高の着こなし!

『オーシャンズ8』

oceans8
oceans8
/

©2018 Warner Bros. Entertainment Inc. and Village Roadshow Films (BVI) Limited. All rights reserved.

「ケイト・ブランシェットのボンバーズや水色のジャケットの着こなしが最高にかっこいい!」(ちがやさん)

デジタル配信中 ブルーレイ¥2,619 DVD¥1,572 発売:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント 販売: NBCユニバーサル・エンターテイメント


「映画を観ていると、おしゃれは流行じゃないってつくづく思うんです。自分がどう生きたいかを考えることもファッションの一部なんだと改めて感じました」(ちがやさん)

「映画って、観終わったあとのおしゃべりがまた楽しいのよ。人の感想を聞いて、なるほどそういう見方もあるのかと気づかされたり、つまらないフランス映画もファッションの話で盛り上がったり。たった2時間で目を楽しませてくれて、夢を見せてくれて、余韻まで楽しめるのが映画の魅力ですよね」(サチコさん)

『ku:nel』2022年1月号掲載

写真 玉井俊行 取材・文 矢沢美香 編集 河田実紀 再編集 久保田千晴

●その他、映画に関するトピックいろいろ。

配信映画は1.25倍速で観ることも!? 作家・茅野裕城子さん「自由な映画時間の過ごし方」。

【今見たい!アジア映画特集vol.1】映画通が語る、アジア映画の魅力とは?!

映画好きの写真家・富永よしえさんに質問!「絶対に観たい新作映画は?」

キーワード