【パリのヘアサンプル】歳を重ねても、自分の好きなヘアスタイルでいるための工夫とは。

パリの最新ヘアスナップ ソフィーさん

歳を重ねるうちに、髪が細くなり、ボリュームが減ることで、ロングヘアを卒業する人も増えていきます。しかし、工夫次第で自分な好きな髪型を諦めず、キープすることも十分可能です!今回は、長い髪を美しく保つパリマダムたちのひと工夫を、ヘアスナップとともにご紹介します。

クレール・サッシエールさん/ファッションブランド勤務 45歳

パリの最新ヘアスナップ クレールさん
【SIDE】自分の顔立ちにはロングが似合うと思うんです。でも年齢とともにコシがなくなったのが悩みで、今日のようにくるくるっと高い位置でまとめていることも多いです」。
パリの最新ヘアスナップ クレールさん2
【FRONT】ご自慢は流れるようなウェーブ。ロレアルのヘアクリームで毛先にツヤを出しています。年に1度サロンでカットする以外は、気になる部分をセルフカットだそう。
/

ソフィ・ラヴォワさん/リタイア 63歳

パリの最新ヘアスナップ ソフィーさん
【SIDE】マロンブラウンの髪に白髪が混ざってきたので、メッシュをいれてトーンを調節。 前髪をピンで留め、アップにしたシニョンスタイルがお気に入りだとか。
パリの最新ヘアスナップ ソフィーさん2
【BACK】「髪が細くてボリュームがでないんです。でもフェミニンだし、エレガントだと思うので、セミロングをキープします」。シュウ・ウエムラのシャンコンで週3回のケアが定番。
/

ヴィルジニー・ モニエールさん/アパレル会社勤務 58歳

パリの最新ヘアスナップ ヴェルジニーさん
【FRONT】赤毛がとても気に入ってるので、なるべくカットもせず、ベジタブルカラー(アレルギーを起こしやすいジアミン不使用)で白髪を染めています」。とはいえ、髪が弱く、カラーのダメージも受けるので、細くなって枝毛が出た毛先は、週に1度ヴァージンオリーブオイルで保湿パック。「保湿でツヤのある髪をキープしたいですね」。
/

●おうちで実践したい!セルフカットの記事はこちら。
【人気サロンの美容師に聞く】誰でもステイホームでできる、基本のセルフカット。
【人気サロンの美容師に聞く】安全かつ確実に綺麗な仕上がりに。前髪セルフカットのコツ。
【人気サロンの美容師に聞く】ボリュームを出してフレッシュな印象に。トップを軽くするセルフカット。
◎【人気サロンの美容師に聞く】伸びてまとまらない髪を、セルフカットで軽やかニュアンスショートヘアへ。

『ku:nel』2021年11月号掲載
写真 新村真理/コーディネート 鈴木ひろこ/編集・文 今井 恵

キーワード