【パリの最新ヘアスナップ】癖っ毛だって魅力!自らの髪質を活かしたヘアスタイル。

パリの最新ヘアスナップ マルジョリーさん

みなさんは、癖っ毛に悩んではいませんか?日本では癖っ毛を気にしてストレートパーマをかける人も少なくないと思います。一方フランス、パリでは癖っ毛を魅力と捉え、自らの髪のくせを活かしたヘアスタイルを楽しんでいるマダムたちが多く見受けられました。今回は、そんなパリマダムたちの自信満ち溢れるヘアスタイルを、簡単ケアとともにご紹介します。

ヴェロニック・ジケルさん/教師 48歳

パリの最新ヘアスナップ ヴェロニックさん
【SIDE】ラフでゆるっとしたシニョンが、絶妙なバランスで決まっているヴェロニックさんのまとめ髪。
パリの最新ヘアスナップ ヴェロニックさん2
【FRONT】「セミロングの髪を、シンプルな6本のピンでまとめています。毎朝やっているので、鏡も見ずに30秒でのアレンジです」。
パリの最新ヘアスナップ ヴェロニックさん3
【BACK】髪が細くて柔らかくボリュームが出ないため、少しでもボリューミーに見せるために考案したシニョンとか。
/

ミリアム・コーさん/建築事務所勤務 57歳

パリの最新ヘアスナップ ミリアム・コーさん
【FRONT】自然に外ハネする髪を生かし、2ヶ月に1度カット。地毛がかなり真っ黒なので、明るめのトーンにヘアカラーして軽さを演出しています。
パリの最新ヘアスナップ ミリアム・コーさん2
【SIDE】年齢のわりに髪のハリやコシはある方だけど、乾燥して扱いにくくなるのが悩み。定期的にヘアパックで保湿を心がけています。「もう少し伸ばしてショートボブで少しエレガントにしたい」。
/

マルジョリー・トプシィさん/アニメーター 54歳

パリの最新ヘアスナップ マルジョリーさん
【FRONT】強めのナチュラルウェーブがエアリー。「しばらくカットしていないので、いつもより長めです。ショートが好きなので、15年ぐらい同じ髪型」。
パリの最新ヘアスナップ マルジョリーさん2
【BACK】シャンプー後にタオルドライをしたら、クリストフ・ロバンのヘアクリームを少量なじませるだけ。「髪が細くてコシがないので、週に何度かクロレンヌのヘアマスクで保湿しています」。
/

●気になる【パリマダムの買い物ルール】シリーズはこちら。
「62歳の今は、年をとるのも怖くないし、ミニスカートにだってチャレンジできるかも?!」
「残りの人生は短いので、クラシックな着こなし以外も楽しみたい」
買い物をするときの瞬間的な高揚感ってたまらないですよね?
出会いは旅先で!異国の地で見つける、パリでは手に入らないもの。
【パリマダムの買い物ルール⑤】「買い物大好き!いったい、誰が好きじゃないっていうの?」

『ku:nel』2021年11月号掲載
写真 新村真理/コーディネート 鈴木ひろこ/編集・文 今井 恵

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード