四角く並べるだけでアート。シンプルおかずも高見え!「モザイク弁当」の作り方。 【#わたしジャーナル】

モザイク弁当

読者のみなさまから寄せられた素敵な投稿を、クウネル・サロンで紹介する参加型企画『わたしジャーナル』。日々の暮らしで見つけたワクワクを、Instagramで専用ハッシュタグをつけてシェアしていただいています。

今日は、#クウネルお弁当 からピックアップ。@nkt_hsmt_sorさんのアートなモザイク弁当をご紹介します。作り方や詰め方のコツもお聞きしました。

いつものおかずの配置を変えるだけで、あっという間にアートなお弁当に様変わりする『モザイク弁当』を知っていますか?

彩り豊かなカラーパレットが見た目にも楽しくて、思わずチャレンジしたくなります。インスタグラムで素敵なモザイク弁当のアイディアを披露している @nkt_hsmt_sorさんに作り方を伝授いただきました。

「まず、主菜をひとつ決めて、副菜になるような簡単おかずをいくつか用意します。副菜のおかずは、色が混ざらないような単品の材料で、あっさりめの味付けにするようにしています!モザイク弁当におすすめなのは『そぼろ弁当』です。どんなおかずとも合いやすく、初めての方にも作りやすいと思います!」

●作り方と詰め方のコツ

1)レイアウトをイメージしながら、おかずを決める。
2)のせるおかずを用意する。
3)お弁当箱に白米や酢飯などのご飯を敷き詰める。半分〜2/3くらいお好みで。
4)大きめの具材からのせる。その時に、隣り合う具材との境目や角がくっきりするよう意識すること。ばらばらした小粒のおかずは後からのせるとよい。
5)きれいなモザイクになるように微調整して整えて完成。

「夫はひと区画ずつ食べているようですが、私は食べ合わせも想定して作っています。全部を混ぜて食べなくても、おかずの組み合わせを楽しみながら食べるのがおすすめです」

ここで@nkt_hsmt_sorさんのモザイク弁当のアイディアをご紹介!シンプルなそぼろ弁当から、タコライス弁当、いくらを使った贅沢弁当など、アイディアが満載でした。

鶏そぼろをメインに、塩茹で絹さや、ラディッシュ甘酢漬け、だし巻き卵、蕨の塩レモン炒め。

タコライスもモザイク弁当に!タコスミート、チーズと黒胡椒、塩茹で小松菜、ゆで卵、ミニトマト。

こちらは、いくらの醤油漬けを主役にしたモザイク弁当。柚子寿司召し酢に黒胡麻の酢飯、七夕豆のお浸し、錦糸卵、茹で海老かぼす風味、胡瓜のぬか漬け。

/

気軽なそぼろ弁当ばかりになってしまいそうですが、幅広くアレンジができそうで驚きました!@nkt_hsmt_sorさんのアイディアを参考に、ぜひ皆さんもお試しくださいね。

「モザイク弁当は見た目よりも簡単にできますし、レイアウトを考える時も作っている時も楽しいですよ。また、お弁当を食べる人がお弁当箱を開けたときに喜んでくれることを想像すると、作り手としてもわくわくします!」


◆わたしジャーナルの今までの記事はこちらから

『わたしジャーナル』では、みなさまからの素敵な投稿を随時募集中!「今日のお弁当うまくできた!」「おすすめのこれ、シェアしたい」「このおやつ知ってる?」「この本、とても感動します」「これって懐かしいよね?」 そんな、日々の暮らしで見つけたワクワクを、専用#(ハッシュタグ)をつけてシェアを。仲良しのお友達とおしゃべりする感覚で、あなたの「おすすめ」をどんどん教えてください。編集部で気になった投稿は、クウネル・サロンで紹介させていただきます。

キーワード