自分が楽しいことが一番!」トータルビューティークリエイターである美木ちがやさんはファッションにおいて人の目を気にしないと言います。トレンドは潔く、楽しんで取り入れることが大切。今の年代だからこそ楽しめる着こなしがきっとあるはずです。今回はそんな美木ちがやさんのファッション観、そして大人のためのトレンドコーデを紹介していきます。'/> 自分が楽しいことが一番!」トータルビューティークリエイターである美木ちがやさんはファッションにおいて人の目を気にしないと言います。トレンドは潔く、楽しんで取り入れることが大切。今の年代だからこそ楽しめる着こなしがきっとあるはずです。今回はそんな美木ちがやさんのファッション観、そして大人のためのトレンドコーデを紹介していきます。'> 自分が楽しいことが一番!」トータルビューティークリエイターである美木ちがやさんはファッションにおいて人の目を気にしないと言います。トレンドは潔く、楽しんで取り入れることが大切。今の年代だからこそ楽しめる着こなしがきっとあるはずです。今回はそんな美木ちがやさんのファッション観、そして大人のためのトレンドコーデを紹介していきます。'>

美木ちがやさんのおしゃれ哲学①「トレンドは潔く、楽しく取り入れる。新しいことを知ることは、楽しみの幅を広げます!」

美木ちがや スナップ

自分が楽しいことが一番!」トータルビューティークリエイターである美木ちがやさんはファッションにおいて人の目を気にしないと言います。トレンドは潔く、楽しんで取り入れることが大切。今の年代だからこそ楽しめる着こなしがきっとあるはずです。今回はそんな美木ちがやさんのファッション観、そして大人のためのトレンドコーデを紹介していきます。

母の川邉サチコさんとショッピングに行った際、「ファッションでも〝ちがやWAY〟を持つといいわね。ちがやのスタイルはこれ、というものをね」と言われたという美木さん。
「私のファッションのWAYって?と思ったとき、ちょっと外す、ちょっと崩す、ちょっと変、キレイにまとめな い、それなのではと気づきました」

さらに、この年代になったからこその意識の変化があるといいます。

「人の目を気にしなくなりましたね。 自分が楽しいことが一番!と、堂々と言える。誰のためでもない、自分がウキウキできることをする。だからトレンドも潔く、楽しんで取り入れる。それは大人の特権かもしれません」

欠かせないファッションの条件も。
「肌触りがよくて、気持ちよくフィットする。心地よさが何より!」美木さんは若い世代と話したり、SNSのチェックも欠かしません。
「新しいことを知ることは、楽しみの幅を広げること。ファッションが好きだから、そういうことが嬉しくて仕方がない。そんなときめきを持てることは幸せですね」

◎Take the trend

美木ちがや
ドリス・ヴァン・ノッテン
“大胆柄”は思い切って着る。
「母と夫からも勧められて買ったドリス・ヴァン・ノッテンのコットンワンピースは、白いベー シックラインのワンピースの上に着ました。夏ならタンクトップでもいいですね。足元はミュ ールで抜け感を出して」。ビーチでも映える大胆な柄の1枚も、 タウン仕様に着こなせる。美木さん流スタイリングの妙です。

◎Close UP !

エキゾチックな雰囲気も漂うワンピースには、ラフな髪型で。「ササッとハーフアップにして遊び心を出しました」。

クウネル世代にも人気のイヤーカフとピアスでボリュームを。 ゴールド1色使いが決め手。

/

◎Take the trend

フックドヴィンテージ
美木ちがや
ジルサンダー
“デザイン性の高さ” を味方にする。
10代から古着が大好きだったという美木さん。「青山にあるショップ『フック ド ヴィンテージ』 で見つけた麻のパンツに、大振り袖でインパクトのある、ジルサンダーの同じく麻のシャツを合わせました。同系色のサスペンダーもポイントに。新しいものに古着を合わせると、独特の味わいが生まれて好きです」

◎Close UP !

淡いトーンのスタイルには、 アクセサリーは主張し過ぎないシルバーで統一。

ジルサン ダーの一足。ボルドーが利かせ色に。「アンクレットもこの靴のデザインの一部。こういう工夫が施された靴も見逃せない」

/

◎Take the trend

美木ちがやさ
THE ROW
“カジュアル素材” は重厚感が大切。
「定番のジャージー素材は着て楽、 手入れも簡単、シワにもならず使い勝手がいい。ただ、カジュアルな素材だけに、大人はキレイなシルエットのものを選ぶことが肝心。THE ROWのジャー ジーワンピースは、ロング丈で 美しいラインだから購入しまし た。ボリューム感あるブーツで足元を重めに見せるのもコツ」

◎Close UP !

両サイドの髪をリボンでまとめて。「左右のリボンの長さを違えて楽しんで」。

旬のデザインをリーズナブルに提供するミラオーウェンのキャンバ ストートバッグ。「このサイズ感とワンピースの丈感が合う」

/

写真 玉井俊行 / 取材・文 河田実紀 Hata-Raku

●ファッションのトピック、その他いろいろ

【コンビニの枠を超える!①】ファッション×コンビニでより魅力的に

最旬ワントーンコーデ満載!プチプラでも大人らしくシックにまとめるポイントって?

【パリマダムの買い物ルール②】「残りの人生は短いので、クラシックな着こなし以外も楽しみたい」

寺本美樹さんもヘビロテ中!ユニクロUのクルーネックTシャツはすべてを兼ね備えた究極のベーシック。

キーワード