懐かしい!「コンビーフ」の空き缶を、小さな寄せ植えに活用!【#わたしジャーナル】

読者のみなさまから寄せられた素敵な投稿を、クウネル・サロンで紹介する参加型企画『わたしジャーナル』。日々の暮らしで見つけたワクワクを、Instagramで専用ハッシュタグをつけてシェアしていただいています。

今日は、 #クウネル懐かしもの から。「ノザキのコーンビーフ」の空き缶を寄せ植えに活用した@akemikea33119さんの素敵なアイディアをご紹介します。

昔からくるくると巻き取り式で開封することでお馴染みの「ノザキのコーンビーフ」。多くの人に惜しまれながらも、2020年に70年ぶりにパッケージが一新したそうです。これは懐かしの旧式のパッケージのお話です。

「ごみ捨ての分別をしようと、コンビーフの缶を手に取りました。ちょうど、巻き取り式の缶から簡易的に開けられるアルミ容器へと変更になった頃。『これからはこの缶はもう無いんだな』と、缶にカギがクルクルと巻き付いたままの姿を見て、それが何だかとても愛おしく思えました」

「すぐにベランダの鉢の中で、ギュウギュウになっている多肉植物のことを思い出し、『あの子達をここに植えたら絶対可愛い!』と、小さな小さな寄せ植えを作りました。作り方はいたって簡単!底にいくつかの穴をあけ、土を入れて多肉植物を置いていくだけです。切り取られた缶の底の部分は、受け皿として重ねてます」

/

「世代交代で無くなって行ってしまうものへの偏愛。子供の頃から見て親しんできたものへの懐かしさ。あえて缶を開けた時の状態で(絵が逆さ)、クルクルと缶に巻き付いたままの巻き取りカギがそのまま残っている所がお気に入りです」


◆わたしジャーナルの今までの記事はこちらから

『わたしジャーナル』では、みなさまからの素敵な投稿を随時募集中!「今日のお弁当うまくできた!」「おすすめのこれ、シェアしたい」「このおやつ知ってる?」「この本、とても感動します」「これって懐かしいよね?」 そんな、日々の暮らしで見つけたワクワクを、専用#(ハッシュタグ)をつけてシェアを。仲良しのお友達とおしゃべりする感覚で、あなたの「おすすめ」をどんどん教えてください。編集部で気になった投稿は、クウネル・サロンで紹介させていただきます。

キーワード