結城アンナさん流おしゃれ哲学。シンプルなアイテムは着こなし次第でいくらでも「化ける」のです!

結城アンナ 春おしゃれ

誰もが持っているシンプルな服を、巧みな小物使いで「おしゃれな人」に昇華させる。大切なのは、自由に、自信を持って服を着ること。そんな結城さん流おしゃれの極意を私服と私物で紹介します。

お気に入りのワードローブで素敵な私服コーデを披露してくれた結城さん。
「どのアイテムもベーシックでどなたでも持っているものばかり。何も特徴がないけど、だからこそ長く着られるし、着こなし次第でいくらでも〝化ける〟ことができるんですよ」

「『この色、失敗しちゃったな』というニットなんかも襟元や袖口に白が入るだけで似合う服になるし、年齢的にも清潔感が大事なので白シャツはマスト。同じブランドでもシーズンごとにデザインが変わるので、ベーシックなアイテムこそ流行を意識します」。袖にフリンジがあしらわれた左と右のノ ーカラーのロングシャツは「TICCA」。中央のフリルコットンシャツは「コム デ ギャルソン」。

ストールは数え切れないほど持っているという結城さん。「同じ服でもストールで変化がつけられるし、ボリュームのあ るデニムスカートに合わせてバランスをとったりします」 右は「バナナ・リパブリック」のもの。黒のストールはアンティークの着物生地を扱う古着屋で購入したそう。「使い古されていると肌触りが柔らかく、アールデコっぽい雰囲気が今のファッションにも映えるんです」

/

カジュアルなデニムスタイルに、スカーフやブローチなどの小物で遊び心を加え、自分らしさやオリジナリティを出すのが結城さん流。「デニムスカートの足元は赤のスニーカーで。白のジーンズはこのスカーフとアクセサリーを絶対合わせたいの」と、撮影現場でも迷うことなく一瞬でコーディネートが完成。買い物も直感派とか。
「だから失敗もよくするんですけど、じゃ、どうすれば着られるかって考える。ストールやブローチでアレンジしたり、袖をまくってみたり、裾にレギンスを合わせてみたり。どう着るかで自分のスタイルが出来上がるから」

スキのある着こなしが好き。

結城アンナ
「完璧な着こなしは嫌いなの。デニムで もどこか着崩したり、あえてミスマッチなものを合わせて私だけの“マーク”をつけたいんです」「コム デ ギャルソン」のTシャツと「upper hights」のデニムスカートに、「Communitie Marfa」の大判ストール を合わせたブルーのワントーンコーデは、ブローチと「PATRICK」のスニーカーの赤がアクセントに。レギンスを合わせて丈感のバランスをとっているのも着こなしテクニック。

●結城アンナさんのおしゃれについて、そのほかいろいろ
いつだってシンプルに心地よく。結城アンナさん流”マイスタイル”とは?
結城アンナさんのおしゃれに欠かせない小物使い、7つの約束。
~崩して”らしさ”を出す~
~デザインで遊ぶ~
~きれいな色を入れる~

『ku:nel』2021年3月号掲載

写真 加藤新作/ ヘア&メイク 森川丈二 gem /取材・文 矢沢美香/ 編集 河田実紀 Hata-Raku

キーワード