おこもりスイーツ|千桃さん山の上の台所から。長年作り続けた十八番・アップルパイレシピ。

伊藤千桃さん アップルパイ

〈クウネル・サロン〉プレミアムメンバーの伊藤千桃さん。神奈川県・葉山の山の上で自然に囲まれ、自然の恵みを生かした暮らしを営んでいます。四季の食材をふんだんに使った料理名人で、「桃花源」という屋号で娘さんと料理のケータリングをしています。そんな千桃さんの冬の十八番・アップルパイレシピを紹介します。

料理名人の千桃さんは、デザートもほとんどが手作り。家にある材料でささっと作って、撮影に来たスタッフにいつもふるまってくれます。そのお菓子がおいしいこと!今回は、秋から冬の定番アップルパイをご馳走してくれました。さっくりとした生地に、コクのあるりんごのフィリングが最高の組み合わせです!「 パイ生地はとにかく冷やしておく事と思えば失敗しないです」とのアドバイス。
りんごがおいしいこの時期、ぜひお試しください。

「近くにお店もないし」とデザートもさっと手作り。

/

●材料(外径21㎝のパイ皿分)
〈パイ生地〉
強力粉…100g
薄力粉…150g
無塩バター…200g
卵黄…1個分
氷水…大さじ5

〈フィリング〉
りんご…中6個
砂糖…120〜140g
塩…少々
シナモン…小さじ1/2
バター…大さじ1
レモン汁…大さじ1
小麦粉…大さじ2
卵黄(ツヤ出し用) … 1個分

◎下準備
・バターを2㎝角に切り冷蔵庫で冷やしておく
・フキンを冷蔵庫で冷やしておく

●作り方
1)〈パイ生地をつくる〉 フードプロセッサーに強力粉、薄力粉、塩、2cm角に切ったバターを入れ、軽く何回かかくはんする。
2)卵黄と氷水を入れて、さらにかくはんする。
3) 材料がすべて混ざり、ポロポロの状態になったら、冷たいフキンの上にのせて何回かこね、丸か四角にまとめて冷蔵庫で90分~2時間くらいねかせておく。
4)〈フィリングをつくる〉皮と芯をのぞき、りんごをいちょう切りに切る。塩水にさっとつけ、水けをきる。
5) 鍋にりんご、砂糖、シナモンを入れて混ぜ、ふたをして中火で煮る。砂糖が半透明になったらふたをとり、りんごがくったりするまで煮る。火から下ろしてバターと、好みでレモン汁を入れて冷ます。
6)3の生地の半量をパイ皿よりひとまわり大きくめん棒で伸ばしてパイ皿に敷き、余分な部分は切り落とす。
7)冷めたりんごに小麦粉をふり、さっとまぶして汁を軽くきり、6の上にのせ、卵黄をふちに塗り、残りの生地をのばしてのせて形を整える。
8)冷蔵庫でよく冷やしてから、250℃に予熱しておいたオーブンで30分〜1時間焼く。焼き色を見ながら温度を弱める。

キーワード