ジャムもバターも必要なし。あずきに注目した新感覚の高級食パン『あずき』

あずき 食パン

バターやジャムが無くても、そのまま食べておいしい。そんな食パンを目指して開発されました。

「出産を経験して、子どもにも安心して食べさせられるものを作りたいと思うようになり、考案しました」と、『高級食パン専門店 あずき』店主の村田まゆみさん。

生地に練りこまれた北海道産あずきは、小粒ながらも甘みや旨みが強いのが特徴。そのまま食べてもおいしく、バターやジャムでカロリーや糖分過多になる心配もありません。「調理するのが億劫、というお年寄りの方にもおすすめです」とも。

生地の原料 にマスカルポーネを使うことでコク が増し、さらにヨーグルトもプラス。ミルクのような風味や柔らかい食感を引き出しています。

小粒で生地によくなじむ北海道産あずきを使用。

ラインナップは、看板商品の「AZUKI食パン」1.5斤 ¥1,250(税込)、シンプルな「SHIRO食パン」1.5斤 ¥900(税込)、あずきと抹茶入りの「MATCHA食パン」1.5斤 ¥1,550(税込)の3種。1枚〜3枚と少量でも買える。

焼き上がると次々と棚へ。

あずきが潰れないよう仕込みはすべて手作業。

/

『ku:nel』2019年11月号掲載
写真 太田隆生/取材・文 吉田彩乃

キーワード