朝7時から営業!築地の絶品あんみつ。神津島の天草からつくる生寒天は必食です。

天まめ

築地の路地裏に、素材と製法にこだわった和スイーツのお店『天まめ』があります。名物は天草を煮出してつくった生寒天。ツルンとのど越しよい生寒天に、コクのある黒みつとほっくり柔らかな甘みのあんこを合わせたあんみつは、一度食べたら忘れられない味です。

クウネル編集部のある東銀座から徒歩5分のところに大好きなあんみつのお店「天まめ」があります。何がすごいかというと寒天が天草から作る「生寒天」ということ。 寒天というと天草の煮汁を絞って固めて〝寒ざらし〞にして加工したものから作るのが一般的で、生の天草からつくっているお店は稀。使用する天草は日本一とも言われる、伊豆七島・神津島産。つくりたてフレッシュな寒天は海をかためたような瑞々しい風味があって、ぷるんとした弾力もたまりません。

コロナ影響下で現在はテイクアウトのみ。一番人気は、あんこ、黒みつ、煮豆を添えた「てんまめ」550円。あんこも煮豆も黒蜜もすべて自家製でていねいにつくられています。あんこも煮豆もほっくり優しい甘さで、キリッと端正な寒天と一緒に食べると両方の美味しさが際立ちます。

おいしいものを知っている料理家さんやスタイリストさんなどのお宅に伺う時など、「手土産どうしよう?」と困ると、ここに朝一番に立ち寄り(築地にあるだけに7時からやっています!)、てんまめを購入します。のどごしツルンと味わい豊かで、夏でも冬でもおいしい。どなたに差し上げても「すごい!」と喜ばれる安定感です。

一番人気の「天まめ」550円。イートインは現在お休み中でテイクアウトのみ。

「てんまめ」は、注文するとその場で新しく詰めてくれる。豆乳寒天やおはぎ、ピクルスも絶品。

こちらが原料の天草。こちらを煮溶かして寒天にする。

お店に並ぶおいしいものはすべて自家製。

/

キーワード