週末は、個性豊かなムーミンの世界へ。75周年記念『ムーミン コミックス展』開催中

トーベ・ヤンソンとラルス・ヤンソン

今年で75周年を迎える「ムーミン」。現在、松屋銀座にて原作者トーベ・ヤンソンによる連載漫画の原画などを初公開する『ムーミン コミックス展』が開催中です。

幼少期、ムーミンに夢中になったり、キャラクターの真似をして遊んだ方も多いのではないでしょうか。幅広い世代を通して、ムーミンとその仲間たちとの微笑ましい記憶が蘇ってくる方も多いはず。


そんな「ムーミン」も今年で75周年。原作者トーベ・ヤンソンによる連載漫画の原画などを初公開する『ムーミン コミックス展』が、松屋銀座にて開催されます。母国フィンランドとイギリスの新聞にて、1947年から20年余年続いた連載漫画にスポットを当て、キャラクター設定やスケッチ、原画などを紹介。

日本語未邦訳となっているストーリーやコミックスだけに登場する個性的なキャラクターにも巡り合える本展覧会。キャラクターの設定画やスケッチ、原画など日本初公開となる280余点を通じて、個性豊かなムーミンたちの世界を堪能できます。

トーベ・ヤンソンとラルス・ヤンソン ©Moomin CharactersTM

トーベ・ヤンソン「『まいごの火星人』スケッチ」 ©Moomin CharactersTM

トーベ・ヤンソン「『黄金のしっぽ』習作」 ©Moomin CharactersTM

ラルス・ヤンソン「『Moomin and the Ten Piggy Banks』原画」©Moomin CharactersTM

/

キーワード