玉川高島屋にオープンした「365日とコーヒー」はゆとりの空間デザインが嬉しい大人のカフェ。

365日とcoffee6

週末ともなれば多くの家族連れでにぎわう二子玉川ですが、先日玉川高島屋S・C店に立ち寄ると、なにやら新しいカフェがオープンしていました。

パン好きなら誰もがその名を知るベーカリー「365日」。こだわり抜いた食材と卓越した技術で作り上げるパンは、どれも至極のおいしさで、昨今のパンブームをけん引する存在でもあります。

そんな365日が、玉川高島屋S・C本館2階に新しいタイプのお店を新規オープンしました。その名も「365日コーヒー」。緑あふれる店内では、素材にこだわったパンと自家焙煎の香り豊かなコーヒーを楽しむことができます。

個人的なイチオシは、本店舗限定発売の「クロッカンカフェ」。ビターなガナッシュとサクサク食感のキャラメルチョコの組み合わせは、365日の看板商品のひとつ「クロッカンショコラ」よりも、やや大人な雰囲気で、コーヒーとの相性も抜群です。
ちなみに、クロッカンカフェの素材となっているコーヒーも、店内でいただくコーヒーも、どちらも「二足歩行coffee roasters」のものが使われています。

店内には、コーヒー豆やエコバッグなど、グッズも並んでいました。
フロアの中心にある店舗は開放的で、ベビーカーのまま入店できたりコンセントのあるカウンター席があったりと、使い勝手も良さそう。
ブックディレクター・幅充孝氏が選書した100冊の本もみどころです。

/

キーワード