地球のことを考えるなら…。紙パックの水がこれからのスタンダードに?!

ハバリーズ ナチュラルウォーター

移動中、オフィスで、アウトドアで、ペットボトルの飲料水を飲むのは当たり前ですが、気にかかるのはゴミのこと。かといって、水筒を持ち歩くのもかさばるし面倒…。そんな問題を解決してくれる水が発売となりました。紙パックのナチュラルウォーター「ハバリーズ ジャパン ナチュラルウォーター」です。

レジ袋が有料化となり、プラスチックごみ削減の動きも本格化しています。ですが、プラスチックごみ全体に占めるレジ袋の割合はほんのわずか。ほかのプラスチックごみも積極的に減らしていきたいところです。たとえば、毎日外出時に飲んでいる飲料水。このペットボトルを紙パックに変えると、随分と地球環境にやさしくなります。

そう思っているさなか、持ち運びできる紙パックのナチュラルウォーターが登場。これまでなかった日本発の持ち運びできる紙パック ナチュラルウォーター「HAVARY’S JAPAN NATURAL WATER(ハバリーズ ジャパン ナチュラルウォーター)」です。

こちらの紙パックは再生可能資源である紙を主原料としており、さらに使用されている包材は世界の森林保全に貢献するため責任ある調達を確保できるFSC認証1を取得しています。また、売上1本につき1円を世界自然保護基金に寄付する取り組みも。

紙パックはさまざまな飲料用容器の中で最も気候変動への影響が小さいと言われているエコな容器。外出先での飲料水をペットボトルのお茶などから、紙パックの水に変えることで、持続可能なライフスタイルへの一歩を踏み出しませんか?

(ハバリーズ ジャパン ナチュラルウォーター
330mL 160円(税別・参考価格)。公式オンラインストアで発売中。9月末からナチュラルローソンなどでも購入可能。

キーワード