大人が似合うオーバーオールは、素材と究極にシンプルなデザインがポイントです。

料理家であり〈クウネル・サロン〉プレミアムメンバーのたくまたまえさん。落ち着かない日々の中で、気持ちが上向きになる夏のおしゃれを見せていただきました。

たくまさんがこの日着ていたのは『-M-medium / ミディアム』のオーバーオール。
スタイリスト・小暮美奈子さんによる『days』から生まれたオリジナルブランドで、「誰のためでもない、自分のための服」をコンセプトとした、着心地の良い大人のためのカジュアルアイテムが揃います。

「展示会に伺ったとき、絶対に似合うはず、と友人でもある小暮さんからおすすめしてもらった一着です。わたしはやせ型体形ではないので、体のラインを強調するような服はまず選ばないし、似合わないんですよね。これは、無駄をそぎ落としたシンプルかつベーシックなデザインが気に入っています」

まさに大人だから似合うオーバーオールは、表情のある程よい厚みのコットン素材。身長や好みのスタイルで、肩紐の金具で長さを調節できるデザインも嬉しいですね。たくまさんが選んだダークネイビーのほかに、ホワイトやサンドベージュ(ナチュラル)もラインアップしているようです。

ちなみに、アクセントとして首元に巻いたのは『MOIS MONT(モアモン)』のコットンリネン地のストール。インドの手紡ぎ糸で織られた薄手のストールは、柔らかな肌触りが特徴で、夏にも活躍してくれます。足元は、たくまさんの定番『DANSKO(ダンスコ)』のサンダルを合わせて軽やかに。

「じつはこの状況で、ほとんど外出もしていないので、新しい服を買ったはいいもののあまり出番がないんです。落ち着いて、たくさんお出かけできる日が待ち遠しいですね」。

/

キーワード