雨の日でもおしゃれに一切制約なし!『ショセ』のトラベルシューズ。

トラベルシューズ

今年の梅雨は長いですね。雨の日の靴、困っていませんか?ここ数年、レインシューズ市場が活気を帯び、選択肢はぐっと増えましたが、雨の日だけではなく晴れの日も履きたい靴、見つけました。

雨の日で困るのが靴選び。雨の日のおしゃれといえば、ロングタイプのレインブーツが一時期流行りましたが、蒸し暑い日本の梅雨にははっきりいって合いません……。そして、ロングタイプだとスカートか細身のパンツを合わせなければならず、かなりコーディネートが限定されませんか?

ここ数年は、レインシューズの選択肢が増え、ローファーやバレエシューズなどバリエーション豊富。どれがいいの?と迷っている方に、おすすめしたいのが日本のシューズブランド『 chausser(ショセ) 』のトラベルシューズ。

その名の通り、旅に履いていくのにおすすめな機能が備わった快適なシューズです。柔らかいソール(ソールの名門、ヴィブラム社製)を使用しているのでとにかく歩きやすい。 インソールには歩行時の衝撃を軽減してくれる低反発特殊ウレタンを使っているので、フッカフカとした歩き心地。そして、なぜ雨の日におすすめなのかというと、本革にしっかりとした防水加工が施されているのです。私は2年以上愛用していますが、どしゃぶりでもない限り、水がしみ込むことはありません。

トラベルシューズ
ソールはヴィブラム社のラバーソールを使用。新作のスニーカーはARCTICGRIP(アークティックグリップ)という凍結した路面にも対応できるソールになりパワーアップ。全天候型に!

何がいいって、普通のおしゃれの延長で履けること。雨の日は特に活躍するのですが、もちろん雨の日以外もヘビーローテーション。私はストレートチップの黒を履いているのですが、ひもがゴムになっているので、着脱もすごく楽。人のお宅に行くときもスマートに脱ぎ履きができます。ブーツタイプ、スリッポンタイプなどいろいろなデザインがあるので、お好みを探してみてはいかがでしょう?

ヒールも歩きやすい。レザーヒールパンプス22,000円。

定番のストレートチップ。19,000円。

夏は白も!

ライトブラウンは2020春夏のシーズンカラー。

/

キーワード