ほのぼの雰囲気に癒される!台所や食卓をテーマにした張り子アートの展示がスタート。

アトリエおはよう

台所道具好きが高じて、台所道具の専門店を開いてしまった〈クウネル・サロン〉プレミアムメンバー土切敬子さん。7/24~8/2の期間、台所や食卓をテーマにした張り子アートの展示を開くそうです。

郷土玩具などで多く用いられている張り子。 竹や木などで組んだ枠、または粘土で作った型に紙などを張りつけ、立体的に形をつくったもの。赤べこや犬張り子がポピュラーです。そんな張り子の技法を使って創作活動をしているのが「アトリエおはよう」。土切さんはこちらの作品が大好きで、 お雛様、こどもの日、クリスマス、お正月……など季節の祝い事にちなんだ張り子を集めています。
「 ポップな色使いとゆるっとした空気をまとう張り子ですが、可愛いと一言で表現できない不思議な世界があるのです」

鯉のぼりがテーマの張り子。

天使モチーフの吊り張り子。

名入れしてもらった犬の張り子。干支の張り子を毎年ひとつずつ集めているそう。

/

そんな「アトリエおはよう」の展示が7/24(金)~8/2(日)まで、土切さんのお店「だいどこ道具ツチキリ」で開催されます。 作品のテーマはやっぱり台所、そして食卓。 70~80点の作品がずらっと並びます。 見ると思わず顔がゆるんでしまう、日常の幸せが詰まった「アトリエおはよう」の台所世界、気になる方はお出かけください。

/

キーワード