『展覧会 岡本太郎』が東京へ。芸術家人生を振り返る、史上最大規模の回顧展!

展覧会岡本太郎の太陽の塔1/50

1970年開催の大阪万博の《太陽の塔》をはじめ、数多くの作品を通して幅広い世代の人々を魅了する芸術家・岡本太郎。芸術家人生を振り返る大回顧展『展覧会 岡本太郎』が、上野・東京都美術館で、2022年10月18日(火)から12月28日(水)まで開催!

大阪中之島美術館で開幕し、大盛況のうちに終了した『展覧会 岡本太郎』がいよいよ東京・上野へ。大阪中之島美術館と展示構成もがらっと変わり、 東京展のみの出品作も多数揃いました。今回の会場である東京都美術館ならではの新しい発見や体験に大きな注目が集まっています。

《太陽の塔》をはじめ、生命力溢れる作品で知られる芸術家・岡本太郎。本展は、代表作のみならず、これまであまり注目されてこなかった晩年の作品や未発表の作品とともに、岡本太郎の創作人生を網羅したボリューム満点の内容に。

◆岡本太郎の創作の歴史を網羅する、全6章で構成

まず第1章に入る前のセクションでは、時間軸やジャンルを超えて選りすぐられた作品群が迎えてくれます。会場内を自由に歩き回り、作品同士のぶつかり合いを感じることができる、この会場ならではの構成が見どころのひとつです。

続く第1章〜3章は、初期作品の紹介がメインとなっています。岡本太郎は18歳で仏渡後、30歳で徴兵されて6年間戦争へ。芸術家としての基盤を作った1930年代のパリ滞在期の作品は、戦災ですべて焼失してしまいましたが、のちに再制作された作品や、近年発見された初期の表現にふれられる貴重な絵画もここで鑑賞することができます。

展覧会岡本太郎の会場入り口
会場入り口の展示風景より
展覧会岡本太郎の女神像
《女神像》(1979年)
展覧会岡本太郎の展示風景
展示風景より《ノン》(1970)ほか
展覧会岡本太郎のマスク
大阪万博での地下展示のために製作された《マスク》(1970)
展覧会岡本太郎のクリマ
《クリマ》(1951)
展覧会岡本太郎の音声ガイド
本展の音声ガイドナビゲーターは、《太陽の塔》が建った1970 年に生まれた、俳優・阿部サダヲさんが担当。
展覧会岡本太郎のパリで発見された3作品
第1章の展示風景より。近年パリのアトリエで発見された3作品。写真左から《作品A》《作品B》《作品C》
パリで1937年に刊行された初めての画集『OKAMOTO』G.L.M
パリで1937年に刊行された初めての画集『OKAMOTO』G.L.M
岡本太郎の唯一の自画像
死後、2010年に青山の岡本太郎記念館で発見された唯一の自画像。《自画像》(1950)
展覧会岡本太郎の眠る兵士
30歳で徴収された岡本太郎。軍役時代を伝える貴重な作品《眠る兵士》(1945)
展覧会岡本太郎の夜
《夜》(1947)
展覧会岡本太郎
岡本氏が日本各地を巡り、神秘的な民俗行事を撮影した写真も展示。写真左から《竹富島の道》(1959年)、《角巻の女》(1957年)
/

◆人々の記憶に刻まれる数々の名作に改めて触れる

「芸術は大衆のもの」と考えていた岡本太郎は、自分の作品を売らなかったことでも知られています。代わりに生涯をかけて多く手がけたのが、公共に開かれたパブリックアート。

第4章では、のちの《太陽の塔》へ通ずる《太陽の神話》をはじめ、公共空間に置かれた作品や、生活用品や椅子など多種多様なプロダクトが展示されています。

展覧会岡本太郎の第4章「大衆の中の芸術」展示風景
第4章「大衆の中の芸術」展示風景より
展覧会岡本太郎の第4章「大衆の中の芸術」展示風景
第4章「大衆の中の芸術」展示風景より
展覧会岡本太郎の第4章「大衆の中の芸術」展示風景
ポットやカップなどの生活用品も興味深い。《夢の島》(1977)
展覧会岡本太郎の第4章「大衆の中の芸術」展示風景
《こどもの樹》(1985)
展覧会岡本太郎の第4章「大衆の中の芸術」展示風景
《天に舞う》(1974年)
展覧会岡本太郎の第4章「大衆の中の芸術」展示風景
《若い太陽の塔》(1969年)
展覧会岡本太郎の第4章「大衆の中の芸術」展示風景
読売新聞1957年元旦号のための描き下ろしイラストレーション(1956年)
/

そして第5章は、《太陽の塔》と《明日の神話》を同時に紹介。岡本太郎を象徴する2大作品ですが、同時期に並行して制作されていましたことから、同じ空間での展示が実現したそうです。

1970年の大阪万博のために制作された《太陽の塔》は、50分の1スケールの立体作品や内部模型、そして貴重なドローイングが展示。

展覧会岡本太郎の太陽の塔1/50
太陽の塔50分の1スケールの立体作品《太陽の塔1/50》(1970)
展覧会岡本太郎の太陽の塔ドローイング
貴重なドローイングが写し出された映像は見応えあり。
/

現在も渋谷駅のコンコースに設置される《明日の神話》の巨大な下絵も。実物の壁画の3分の1の大きさですが、その迫力に驚きます。

展覧会岡本太郎の明日の神話
《明日の神話》(1968年)

そして最終章となる第6章では、晩年にあたる80年代の作品を中心に構成されています。今まであまり注目されることはなかった晩年の作品を見れる好機。


◆グッズが約300種類!充実のミュージアムショップも見逃せない

ミュージアムショップには、展覧会オリジナルグッズをはじめ、岡本太郎関連のグッズが約300種類が集結。特に展覧会限定アイテムは、どうかお見逃しなく。

展覧会岡本太郎のミュージアムショップ
ミュージアムショップ
展覧会岡本太郎のミュージアムショップ
デザイン豊富なTシャツ。
展覧会岡本太郎のミュージアムショップ
定番人気のポストカード(各198円〜)はお土産にぜひ。
展覧会岡本太郎のミュージアムショップ
《坐ることを拒否する椅子》のコースターもポップで可愛い。
展覧会岡本太郎のミュージアムショップ
遊び心溢れる、1枚ずつめくれるロールステッカー(880円)
展覧会岡本太郎のミュージアムショップ
/

東京展終了後は名古屋へ巡回するとのこと。『展覧会 岡本太郎』を通して、改めて岡本太郎の多くの作品とその魅力に触れることができます。

気持ち良い天気が続く、お出かけシーズンの秋。ぜひ足を運んでみてくださいね。

取材・文/阿部里歩

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード