甘糟りり子さんが選んだランニングウェアは、キリっとシックな色味で、街にもなじみます。

甘糟さん ジョギング

鎌倉に住む甘糟りり子さん、家からすぐは海。時間に余裕のあるときは、海沿いのランニングコースを数キロ走るのが、十数年来の習慣です。

40代でランニングをはじめた甘糟りり子さん。ケガ&手術を経験し、リハビリを兼ね、ロンドンマラソンを目指したストーリーは『マラソン・ウーマン』(幻冬舎文庫)としてまとまっています。

そこから、休み休みではありつつも続いているランニング。海沿いのランニングコースを3~4㎞、きっちり走ることもあれば、「定点観測」と海を撮影しながら歩いたり走ったりを繰り返しのんびり流す日も。いすれにしても、いいリフレッシュになっていると話します。

おしゃれが大好きな甘糟さんのことだから、ウェアは素敵なデザインのものがずらり。「機能性が一番ですが、途中、お店に立ち寄ったりすることもあるので、街着としても OKなものを選びます」

一番多く持っているブランドは『ADIDAS BY STELLA MACCARTNEY』。「私がランニングを始めたころは、おしゃれなウェアといえば、ステラマッカートニーくらいでした。他ブランドにはないシックな色味が好みです」。

 そのほか、『パンダーニ』もおすすめしてくれました。「知り合いのカメラマン(トルツメ)が立ち上げたブランドで、私はサンバイザーを愛用。サングラスを差すポケットも付いていて、とても機能的なんです」

/

 シューズもたくさん持っていますが、最近のお気に入りは『リーボック』の「フロートライド」シリーズのエントリーモデル「エナジー」。「とにかく軽くて、クッション性も抜群。ランニングはもちろん、洋服にも合うので、普段もよく履いています」

『リーボック』の「フロートライド」シリーズのエントリーモデル「エナジー」

『ADIDAS BY STELLA MACCARTNEY』

初期のころの『ADIDAS BY STELLA MACCARTNEY』

『リーボック』のポンプシリーズは主にトレーニング用。

/

キーワード