【安野ともこさんの好きな店】こだわりや店主を敬愛!私の贔屓の店

安野ともこさん

買い物に都合がいいだけの場所ではなく頻繁でなくても訪ねると、充実した時間や生活が作れる特別な存在。安野さんの「贔屓」とは?


ストーリーを持つ古い物への慈しみ満ちる店が大好き


古い服や家具が好きなのはずっとと言う安野さんが贔屓にするのは、2軒のヴィンテージショップです。

「古い物には時代を経た時間のマジックも加わるから、魅力的。中でも単なる目利きじゃなくて、センスもとびきりな人たちに大切にされ、再び息を吹き込まれた物に出合うことが好きです」

個人的にも仕事でも30年来通っているのが、山口郁子さんがとりしきる『TORO』。

「山口さんの古着愛は服のチョイスに加え、ディテールを着やすくするリメイクアレンジの塩梅にも感じます。彼女自身も素敵で大好き。どう着たら楽しいかや服が辿っただろう運命?を話しつつ服を選ぶのは貴重な時間。来たら必ず長居してしまいます」

一方、自宅と自ら営む『CASUCA』 ショップには、『DOUGUYA』で見つけた家具や什器がたくさん。

「古い家具や道具を独自のテイストで選び丁寧に再生して、一個一個送り出 している感じ。さりげないけど、センスがよく強い気概と個性を感じます」


■店主の感覚と古着への愛に感化され 古着好きがまた盛り上がる
TORO

イエローの服を試着した安野ともこさん
試着中の安野さん。山口さんのスタイルもおしゃれ。
安野ともこさんと山口郁子さんが立っている
『TORO』で購入のガウン同士を重ねる安野さん。
安野ともこさんと山口郁子さんが立っている
「シルクベストには下にチュールブラウス等を合わせるのが安野さんのイメージですよね」と山口さん。
安野ともこさんがイエローの服を持っている
ポリエステルを波打たせた涼し気な素材感と色が魅力の70年代シャツ。
/

1993年に開店し神宮前に移って6年め。おしゃれ感度の高いファンが多いヴィンテージクローズショップ。大人にこそ合うポップな色柄の服が豊富。山口さん夫妻と友人達によるこだわりの内装も温かくアーティスティック。

アフリカンプリントのチュニックのグリーンの洋服2着がマネキンに着用されている
右はアフリカンプリントのチュニックのサイドをオープンにし、重ね着を楽しめるように。グリーンの見え方が新鮮。

■古い家具を大切に再生しさりげなくモダンに
DOUGUYA』

小林倫己店長と安野ともこさんが立ってお話ししている
小林店長の代になってからは初訪問。珈琲テーブルが気 になる安野さん。

主に日本の古い家具、道具をアップサイクルし販売。置くだけで物語を語りだすアートのような置物や、独特の趣があり、かつ現代の家に溶け込むシンプルな家具を小林倫己店長が厳選している。店舗に続く工房も拝見可能。

グレー系の染色作業中のテーブルが置いてある
工房には、表情に軽さを出すグレー系の染色作業中のテーブル、机が。
安野ともこさんが欄間を眺めている
アートのような欄間。「粗削りな具合は彫りの途中だっ たかもと想像しています」と店長。
小林倫己さんが大福帳を持っている
往時の背景を知りたくなる大福帳なども。
/

『クウネル』2022年7月号掲載

写真/玉井俊行、山崎智世、取材・文/原 千香子

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード