後藤由紀子さんの秋のおしゃれ。「新入りのワンピース2枚を着るのが楽しみです」

後藤由紀子さんのワンピース

静岡・沼津で暮らしの道具の店『hal(ハル)』を営む後藤由紀子さん。50代ならではの装い、台所の工夫、人付き合いのコツなど、暮らしにまつわるさまざまなことを紹介した著書を多数出版しています。日々の生活から生まれるアイデアや気づきは素直で等身大。多くのファンの心をつかんでいます。
そんな後藤さんの暮らしのエッセイをお届けします。


■秋のおしゃれに欠かせないのは、やっぱりワンピースです


9月も中旬を過ぎて、ずいぶんと秋らしくなりました。
季節の変わり目に着るものが少しずつ変わっていくのは、いくつになっても楽しくウキウキします。

自他ともに認めるワンピース好きの私ですが、今年の秋に着たいと思っているのも、やっぱりワンピースです。

ひとつは前回の記事でもちらりとご紹介しましたが、真鶴の『スクランプシャス』にオーダーしたワンピース。

スクランプシャスさんはもともと鎌倉でアンティークショップを営んでいましたが、真鶴に移転してオリジナルの洋服作りをされています。一枚一枚、縫い子さんによって丁寧に仕立てられたお洋服。細かな部分を見れば見るほど、その仕事ぶりがよく伝わってきます。

大人の女性でも甘くなりすぎない絶妙なギャザーやシルエット、シンプルだけど、すっきり見えるところがお気に入り。また、カジュアルになりすぎない、さらりと薄手のリネン生地も心地よいのです。

ここ2~3年、更年期ということもありとくに薄手なものを選ぶように。肌触りがよく、ほどよい透け感があるもの、温度調整ができるようなものに自然と手が伸びるようになりました。

後藤由紀子さんのワンピース
『スクランプシャス』のワンピース。甘すぎないギャザーや肩の落ち感など絶妙なデザインと細やかな手仕事が魅力です。

■ 生地屋さんのカスタムオーダーでワンピースを


そしてもう一枚は、ソーイングをする方ならお馴染みの生地屋さん『CHECK&STRIPE』のカスタムオーダーシステム「THE HANDWORKS」で注文したワンピース。
いままでも洋服やルームウェアなど何度かお願いをしたのですが、細かなリクエスト(たとえば身幅の増減や丈感の調整など)ができるため、私のように低身長で既製品がなかなかフィットしないという人にとってもおすすめです。

今回お願いしたワンピースは、『CHECK&STRIPE』さんが出版された書籍に載っていたワンピース。爽やかなブルーが素敵で、生地も同じものでオーダーしました。

これまでは素敵な生地を見つけても、ただただ眺めているばかりでしたが (雑巾さえも買うほど不器用なのです……) 、好きな布で自分の体型に合うお洋服を注文できるなんて嬉しい限り。オーダーにしては手を伸ばしやすいお値段なので、興味がある方はぜひ見てみてください。

ほかにも、スニーカーやピアスなど、小物類やアクセサリーもちょこちょこ新しいものを投入しています。年齢を重ねてくると、自分に似合うもの、自分が好きなものは大きく変らないけれど、新しいアイテムがあるとやっぱりうれしいですし、気分も上がりますね。
秋冬のファッションも引き続き楽しみたいと思っています。

後藤由紀子さんの『CHECK&STRIPE』のワンピース
甘すぎないブルーの花柄に一目惚れ。長めの丈感でお願いしました。
後藤由紀子さんの『urrya』のシルクコート
友人が教えてくれて以来、注目しているブランド『urrya(ユライヤ)』のお洋服。シルクコートは色違いで愛用しています。
後藤由紀子さんの『メゾンルーバス』のピアス
最近、夫がプレゼントしてくれた『メゾンルーバス』のピアス。シックで女性らしいラインナップでお気に入りのブランドです。
後藤由紀子さんの『ダンスコ』のスニーカー
おしゃれ上手な方たちが履いているのを見て真似っこしたスニーカー。これを履いてたくさん歩きたいですね。
/
土屋鞄製作所のレザーエコトートバッグ

軽さと品格が大事。マチュア世代にこそおすすめしたいトートバッグの決定版は?

Promotion

キーワード