【女優・原田美枝子さんの幸せのルール】60代は気分が楽。自分のための時間に身を委ねて楽しく

原田美枝子さんの幸せルール

悠々と60代を送る魅力的な女性たちに、どんな気持ち、スタイルで幸せと仲良くしているのか、お聞きします。

Happy Habit:
映画出演での練習がきっかけ、ピアノの世界に夢中。

10代での映画デビューからずっと、華やかにかつ着実に活躍を続けている原田美枝子さん。この夏は、連続テレビ小説のレストランオーナー役で注目され、現在、主演した新作映画『百花』が公開中。そんな原田美枝子さんが、幸せのキーのひとつとして教えてくださったのは、ピアノです。

映画で、原田美枝子さん演じる女性はピアノ教師。ピアノを奏でる情景が、演出に大きな比重をもちストーリーを支えています。

「『百花』の撮影のためにレッスンを受け始めたのが、1年半前。音色も好き、包まれていると心地よくて……。楽譜が読めないので一音ずつ重ねてようやく和音になって、「なんてきれいな和音!」って、いちいち感動しました。

最初、同時録音かもと言われ必死に練習しましたが、どんどん好きになって、撮影が終わってもずっと続けています」

百花

9月9日(金)~ 全国東宝系公開中。©2022「百花」製作委員会

ここから先は自分のために 生きるぞ、と思うように

「3歳ずつ違う3人の子育ては長く続きましたし、両親はだんだん年老いていろいろたいへんでした。8年前に父が亡くなり、認知症になった母を昨年見送りました。60代、あとは自分で人生の仕上げをしていく時期だと。どう学びながら生きていくんだろうと考えたら時間もあるし、自分が楽しむために使っていいんだなと思ったんです。」

「残りの人生を逆算できるのが60代。明日死にますよと言われても、大丈夫ですと返せる生き方をしたいです。面白おかしく。片付けもしなくては!楽しみのためのものは残しますが」

最後に幸せを感じる瞬間について改めて尋ねると、

「自分という“かせ”からぽーんと外れられたような瞬間、幸せを感じます。本来自由なんだなって」

という答が。原田美枝子さんの笑顔がさらにふんわりとするように見えました。

写真/ND CHOW スタイリング/坂本久仁子 ヘア&メイクアップ/黒田啓蔵 Iris 取材・文/原 千香子 撮影協力/スタインウェイ&サンズ東京 再編集/久保田千晴

ワンピース・手に持ったストール(ともにバンフォード/三喜商事) ピアス・ブレスレット・各リング(以上ベルシオラ/エーアンドエス)

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード