意外と知らない?!東京駅にある京都の名喫茶店『イノダコーヒ』

イノダコーヒー

京都の老舗喫茶店『イノダコーヒ』。「京都に行ったらここに必ず寄る」という方も多い定番のスポットです。そんな『イノダコーヒ』ですが、東京にもあるってご存知でしたか?

観るところ、食べるところが満載の京都。そんななかでも、「京都旅行の際は必ず寄る」という方が多いのが『イノダコーヒ』。三条にある本店は、京都らしい町屋の外観で、暖簾をくぐると吹き抜けの開放的な空間が広がります。クラシカルな雰囲気のなか、おなじみの高台の高いカップでコーヒーをいただくと「京都に来た~」と感じられます。

京都の朝の代名詞の『イノダコーヒ』ですが東京にもあるんです。東京駅にある百貨店、大丸の8階にあがり、紳士服売り場の奥に進むとそこはもう京都!

大きな窓に面した店内はゆったりと開放的。椅子やカーテンなど赤を基調としたインテリアは、京都・本店のクラシカルな佇まいにとてもよく似ています。重厚感のあるお店の中には、静かな時間が流れていて(たとえ混雑していても)慌ただしい日常をリセットできるのです。

メニューも京都・本店とほぼ同じ。池波正太郎も愛したというビーフカツサンドや、エビフライがはさまった名物ロールパンセットでランチというのも、ちょっとした特別感があっておすすめ。
そして、なによりうれしいのは、「コーヒーにミルクとお砂糖入れますか?」の掛け声。これを聞くたびに「イノダに来た!」感が高まり、ちょっとした旅気分が味わえてしまうのです。

ロールパンセットC 1,160円(税込)

赤を基調とした店内は本店の雰囲気そのまま。

東京駅内にあるので、旅の前に立ち寄って一服という使い方も。

オリジナルのカップやコーヒー豆の物販コーナーも充実。

/

キーワード