【海外で暮らすマチュア世代の素敵な住まい・イギリス編】ファッションデザイナー・神戸真知子さん エレガントな色遣いが圧巻!妥協一切なしのこだわり空間。

ロンドン住まい クラシック

長い時間をかけて厳選したお気に入りの家具に囲まれて豊かな暮らしを送る、ファッションデザイナーの神戸真知子さん。自身のインスピレーションソースでもあるというロンドンのご自宅は、まるでファッションを楽しむかのような自由な色遣いにうっとりしてしまいます。

東京でファッションデザイナーとして活躍していた神戸真知子さん。毎年買い付けに訪れていたロンドンの、新旧が交錯する熱気に魅せられ、30代後半に移住しました。

現在の自宅はロンドンの西北、イーリング地区に建つ一軒家。「空港への便がよく、旅の多い私たち夫婦にとっては好都合。1900年頃に建てられた物件です」

ピッツハンガー・マナー 公園
有名建築ピッツハンガー・マナーの公園は自宅から徒歩十数分。神戸さんがよく訪れる憩いの場所の一つ。近くには日本のスーパーマーケットもあって便利。
エドワード様式 赤煉瓦 イギリス住まい
赤煉瓦と白壁のコントラストが目を引くエドワード様式の住まい。
/

色や家具で華やかさを演出。

ロンドンの自宅に足を踏み入れると、まず圧倒されるのが、鮮やかでエレガントな色使い。クラシックなエッセンスとモダンな感性が溶け合い、まさに自身がデザインする洋服のような華やかさ。

アンティークソファ ブルー ダマスク織
100年以上を経たアンティークソファは、張り地を壁色に合わせてブルーのダマスク織に。
マントルピース ブルー壁 絵画 海外暮らし
ダイニングの赤と対比させつつ、壁を彩る絵画が映える色に、と白壁をブルーに塗り替えたリビング。マントルピースの上は、時空を超えた神戸さんの収集品が整列。
/

前の住人がモダンに改装した室内を、古き趣が蘇るように今もリニューアル中。家具も気に入ったものが見つかるまで徹底吟味。互いが納得する“家づくり”を、二人でじっくり楽しんでいます。

そして神戸真知子さんは、そんな自宅でよくホームパーティを開くそう。自ら考えたメニューにイラストを描き添え、キャンドルを灯し、花を飾る。そんな人々が集う、家の核となる場所がダイニング。大好きなコーラルレッドの壁が温かみを演出し、思い入れたっぷりの調度品が並ぶ、特別な空間です。

暖炉 コーラルレッド キャンドル ダイニング
元は一面白壁、暖炉の木枠は焦茶色だったとか。

「ヨーロッパでは、お客様を自宅に招くのが一番のおもてなし。プライベートな空間で培った信頼関係はとても貴重で、何ものにも替えられません」

自分の理想や美意識に妥協せず、好きなもの、好きな人たちに囲まれた暮らし。それこそが神戸真知子さんが英国で学んだ、美しく豊かなライフスタイルです。

写真/Kotomi Yamamura  取材・文/徳永佳代 編集/友永文博 再編集/久保田千晴

バルミューダフォン スマホ 菜木のり子

スマホといい距離感で暮らしたい。 〈バルミューダ フォン〉で築く、 豊かな時間、快適な暮らし。

Promotion

キーワード