伊藤千桃さんの山暮らし記。「自然の恵みを糧にした暮らしは 喜びに満ち溢れています」

伊藤千桃 桃花源 葉山

神奈川県・葉山の山の上でナチュラルな暮らしを営む伊藤千桃さん。 親から受け継いだ家や土地を維持するのは大変ですが、 自然に囲まれ暮らす幸せは何物にも代えがたいと話します。

豊かな自然とともにある生活を

伊藤千桃 桃花源 庭
広い庭にはガーデンセットが。天気のいい日は、ともに暮らす娘親子、近くに住む息子家族を誘ってバーベキューを楽しむのだそう。こんなふうにひと りでお茶を楽しむことも。「鳥の声が聞こえて、贅沢なひとときです」

神奈川県・葉山の山を登った先に伊藤千桃さんの家はあります。 家の周りはぐるり緑で囲まれ、豊かな自然の中での暮らしを楽しんでいます。

「これからの季節は金柑を摘んで、甘露煮やジャムにします。銀杏拾いも楽しい季節ですね。それから、いつもとれるアロエの葉はヨーグルトに入れたり、パックにしてもいいんですよ。びわの葉はお酒で漬けて化粧水にするし、 どくだみは干してお茶にするのよ」

そう言いながら出してくれたどくだみ茶は滋味深くふくよかな味。

伊藤千桃 庭 ミント
世話をしなくても元気に育つハーブはありがたい存在。ミントもこんもりと。「お茶にしたり、お風呂に入れたり」

「都会で買い物をしたり、どこかへ旅に出かけたりも楽しいとは思います。でも私は、この自然豊かな庭で草花や野菜を育て、そこから恵みをいただき活用して暮らすことが本当に楽しく、この上ない幸せを感じるのです」

植物に触れることは心地がいいです

伊藤千桃
訪れたときにはサルスベリの花が咲いていた。「季節の草花は、目にも鮮やかで、本当に元気をもらっています」
伊藤千桃
サボテンは、孫にもらった小さな苗を地植えしたら、ここまで成長。そこまで手入れせずとも庭はすこやかそのもの。
/

季節の移り変わりをきめ細やかに感じ、植物の芽吹きや野菜や果物の実り に感謝をして自然とともにある暮らし。 足元にある小さな幸せが伊藤さんの日々を豊かにしているようです。

『ku:nel』2021年1月号掲載

写真/砂原 文、取材・文/鈴木麻子

結城アンナ 連載

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 前編】「おもてなし感覚が楽しい!」見て、触れて、味わう、 新しいストア体験。Vol.5

Promotion

キーワード