【久保田直美さん・大橋利枝子さん・黒田トモコさん】お互いのセンスをリスペクトしながら取り入れる、おしゃれ同世代。

久保田直美 大橋利枝子 黒田トモコ

おしゃれな人の周りには、自然と服好きな仲間が集まっていきます。テイストの違う服装からそれぞれインスピレーションを受けているという同世代の3人に、お互いのスタイルについて尋ねてみました。

ジャストサイズのヴィンテージスーツを颯爽と着こなした久保田直美さんと、自身が手掛けるフルーツ オブ ライフのエレガントな大人服を纏った大橋利枝子さん。テイストが全く異なる二人を引き合わせたのは、女心をくすぐるファンタジックなファッションを愛する黒田トモコさんです。ハイブリッドなトリオが不思議と調和しているのは、お互いのセンスをリスペクトして自身の刺激にする柔軟性にあります。

メンズライク フルーツオブライフ
メンズライクなスーツに女らしさを呼び込む、フルーツ オブ ライフの新作ブラウスを入手。袖口のシャーリングはジャケットの袖から覗く長さで、古着に旬をプラス。
パスザバトン スリーピース シースルーグローブ ソワンソワン
パスザバトンで購入したスリーピースとシースルーグローブの硬軟コンビが小粋。ソワンソワンのグローブは、おしゃれでそのまま手洗いもできて実用的と久保田直美さん。
/

「ロンドンテイストの久保田直美さんもきりりとした大橋利枝子さんも、引き算上手。いくつになってもレースやリボンに手が伸びてしまう私は同世代として憧れます」と謙遜する黒田トモコさんを、テイストミックスの名人と呼ぶのは大橋利枝子さん。

「今日も私がデザインしたマニッシュなジャケットを、民族衣装のブラウスで甘めに着崩していて驚きました。久保田直美さんはクセのあるユニオンジャックの編み柄ニットなども、さらっと自分のものにしてしまう。近所ですれ違うたびに気になっています」

アニヤ・ハインドマーチ スピネン かごバッグ
レトロなかごバッグにアニヤ・ハインドマーチのチャームをダブルで。東欧の古着ブラウス、スピネンのピンクカーディガン、ミディアムのパンツのコンビネーションも見事。
レザークラッチ オカイユ
グラデーションカラーのブーツと、味わい深くエイジングしたレザークラッチは、共にオカイユで。シンプルなコーディネートに小物を効かせる大橋利枝子さんの匙加減はさすが。
/

ビビッと来ていたのは、久保田直美さんも同じです。「メンズライクが好みの自分には、思いつかないアイデアや知らないブランドがたくさん。二人のオリジナリティあふれるおしゃれには、いつも楽しませてもらっています」

共通の愛用品も。

メゾンルーバス ジュエリー
繊細なメゾンルーバスのジュエリー。右3点が黒田トモコさん所有。
que 靴
楽ちんなqueの靴。大橋利枝子さんは黒、黒田トモコさんは銀色を購入。
ジンジャー・ビー・バーム
久保田直美さんが手掛けるマルチバーム、ジンジャー・ビー・バームを2人はメイクの仕上げにも愛用中。
/

『ku:nel』2022年3月号掲載

写真/玉井俊行 取材・文/間中美希子 再編集/久保田千晴

バルミューダフォン スマホ 菜木のり子

スマホといい距離感で暮らしたい。 〈バルミューダ フォン〉で築く、 豊かな時間、快適な暮らし。

Promotion