【広瀬裕子さんのかろやかな歳の重ね方vol.3】55歳、今の自分ときちんと向き合う

人生100年時代と言われる今。エッセイストとして活躍しながら、50歳目前で設計事務所での建築・空間プロデュースという新しい仕事を始めた広瀬裕子さん。昨年発売された著書『55歳、大人のまんなか』(PHP研究所)では、「もう55歳」と「まだ55歳」を行き来する「55歳の今」を描き、同世代の女性を中心に共感を集めています。

「55歳は50代の楽しみと60歳への準備が重なる年齢」と語る広瀬さん。どうすればその期間を気持ちよくすごせるか、かろやかにいられるか。著書からそのヒントをいただきます。

3回目の今回は、広瀬さんとあたらしい鏡のお話です。

 

55歳の鏡

「こういうものも必要になるんだ」とおどろきとあらたな思いを持つことがあります。

ホテルに泊まるとバスルームに拡大鏡が置かれていたり壁づけされているところがありま す。以前は使うことがありませんでした。「どうしてここに?」と思っていたこともあります。でも、いまは、あるとうれしいもののひとつになりました。

ホテル同様、家にも拡大鏡を置いています。 55歳になり半年すぎた時必要になったのです。 1年前はなくても問題なかった。でも、ある時から必需品になる。歳を重ねるとそんなこ とが起こります。拡大鏡を使うようになりわかったのは「全然見えていなかった」ということでした。

選んだものはコンパクトなサイズのライトつきの10 倍タイプ。売り場でその鏡をのぞいて 見た時、笑ってしまいました。「わあ。 55歳」と。

年齢的に近いところが見えづらくなっているのは、仕方のないことです。でも、それと見えていないことは別問題だとその時思いました。見えないからというのはある意味、言い訳 だったのかもしれません。このあたりのバランスはむずかしいですね。受けいれて気にしないようにしていけばいいのか、工夫ややり方で保てることがいいのか。これからはそういう場面が多くなり、その都 度「どちらがいいのか」と考えるのだと思います。

ただ、鏡に関しては、わたしは拡大鏡を使うことを選んでよかったと思っています。何より 55年生きてきたいまの自分を知ることができるのですから。

撮影 加藤新作

※本記事は『55歳、大人のまんなか』(PHP研究所)からの抜粋です

■絶賛発売中

結城アンナ インスピレーションの扉

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 後編】キッチンカウンターでは試食・試飲も! プロダクトの性能や使い勝手を体験できる。Vol.6

Promotion

キーワード