【書店員歴30年の代官山・蔦屋書店 まむろみちこさんが選ぶ5冊】今押さえておきたい実力派書籍!

まむろみちこ

「今読んでいる本が、次の本を読むヒントになる」と話す、書店員歴30年の間室道子さん。今回、クウネル世代におすすめしたい一押しとして、デビューから2作目の松井玲奈さん、朝吹真理子さんなど注目作家の作品を選んでくれました。

『本心』

平野啓一郎

本心

舞台は2040年の日本。最新技術を使い、生前そっくりの母を再生さた29歳の孤独な青年・朔也の物語文藝春秋

「〝本物、本質、本音〟など、 本のつく言葉がちりばめられた『本心』 は、自分の本心にたどり着く青年の感動作。人工知能技術のほかに、格差、 外国人労働者、お金、死ぬ自由など、 読者に考えさせる芽がある作品。ボリュームもあるけど、読み応えはそれ以上です」


『琥珀の夏』

辻村深月

琥珀の夏

人気作家のミステリー。保活、共働き夫婦、母と娘の難しさなど、女性たちが抱えている問題もとらえた意欲作。文藝春秋


『累々』

松井玲奈

累々

それぞれの人間関係から降りられない4名の女性が主人公の連作短編集。 死んだ愛が累々と積み重なっていく。集英社


『だいちょうことばめぐり』

朝吹真理子

写真 / 花代

だいちょうことばめぐり

若いまなざしにあふれた身辺雑記。 「隠れテーマは湯気。湯気越しに見えるような描写や写真が素晴らしい!」。河出書房新社


瞳の奥に

サラ・ピンバラ

訳 / 佐々木紀子

瞳の奥に

「ロマコメのような出だしだけど、最後まで読んだ時、自分たちは何を読 まされていたのかに驚愕必至!」。扶桑社


『ku:nel』2022年1月号掲載

写真 豊田哲也/取材・文 酒井祥子/編集 今井 恵/再編集 久保田千晴

キーワード