ハイセンスなパリマダムの暮らしを彩る、インドのファブリックたち。

パリ_布の定番4

丁寧な手仕事を施したインドのファブリックに囲まれて暮らす、素敵なパリのデザイナー。日々の暮らしに欠かせない「布使い」を見せていただきました。

最近、自身のファッションブランド「 Sentô 」のショップをオープンしたソフィ・エスコジドさん。「 20年前から仕事でインドに行くようになり、その布地の美しさに目覚めました。今ではインドのファブリックが、私の定番と言えるでしょう」

最初は、アンティークのサリーの美しさに惹かれたことがきっかけだといいます。

「サリーは女性が結婚する時に、家族が縫い上げてプレゼントしてくれるものです。どの家庭もその後使わないままのサリーを、リサイクルしないのはもったいないと思ったんです」

多少破けていたり、色褪せていても、どの生地にも家族のストーリーや想いが秘められているのがサリーの魅力です。

パリ_布の定番1
リビングルーム。ソファにかけた布はアジャラックで仕入れたもの、いろいろな生地をパッチワークのようにていねいに縫い合わせて一枚に仕上げられている。 壁には写真家の夫が撮影した作品を飾っている。

「眠っていた、忘れ去られていた生地を蘇らせる作業は素晴らしいの一言。 何十年もファッションに関わっていて、あらためて気づいたことです」 と話すソフィさんのお宅を見渡せば、部屋の中はインドのファブリックに埋め尽くされています。

 「グランドピアノにかけた布はインドのサリー。ソファのクッションはモチ刺繍などで有名なグジャラートで見つけたもの。インドではアンティークだけでなく、ブロックプリントや織り生地などていねいな手作業の技術も素晴らしい。訪れるたびに宝探しの気分。 何千枚もの中から、100枚の素晴らしい布に出合うのが喜びなのです」

アーチ型の大きな窓にかけた繊細なカーテンもインド製。グランドピアノは趣味でソフィさんが弾く。上にかけているのはインドのサリー。下に敷いたラグはモロッコで購入したもの。

インドの中でもパキスタンとの国境に近い北西部、ラジャスタンで買い付けたベ ッドカバー。ソフィさんが好きなイエローカラー。シンプルなホワイトのシーツやピローは「ZARA HOM E」で購入したもの。

「黄色い布が好きなので、見つけるとついつい買ってしまいます」とソフィさん。これはベンガル州で見つけた布地。インドの布といっても、地域によって違う織りや柄の布地が見つかるのが楽しいという。

テーブルウエアはインドでガンジーが作った政府公認のフェアトレードショップ 「KHADI SHOP」で購入することが多い。「テーブルや食事周りで使う布はシンプルで柄のないものが好みです」と、ソフィさん

サリーの生地を縫い合わせて作った「Sentô」のジャケット。「柄の組み合わせを考えるのが楽しいし、出来上がったジャケットを着たパリジェンヌの写真を見せると、インドの取引先の人たちが喜ぶのが嬉しい」。

カルカッタの女性たちにオーダーしたハンドメイドの刺繍が美しい布。インドに仕事を発注することで、学校が建ったり、水道が通ったりする、その後のストーリーを聞くことがモチベーションにつながる。

「Sentô」のためにインドで織ったウールのストール。細かい刺繍はすべて手作業。モチーフはアンティークなどからインスピレーションを得た図案を描き起こし、オーダーしている。

/

キーワード