フレンチおしゃれの真骨頂。本当に気に入ったものだけを長く着る心地よさ。

ガブリエル ソワイエさん

『フランス人は服を10着しか持たない』という本が流行りましたが、スナップをしていると納得。みなさん、気に入った服を長く大切に着ているのです。カーキコートが素敵なガブリエルさんもそうでした。

ガブリエル・ソワイエさん
Gabrielle Soyer
62歳 スタイリスト

トレンチとカーディガンは、長年愛用しているドリス ヴァン ノッテンのもの。デニムスカートも15年くらい着用。
「私が身に着けているのは、長年かけて少しずつ集めたもの。いつも好きなものだけを身に着けるようにしています」

ガブリエル ソワイエ

Q1.今日の着こなしのポイントは?
一つ一つ手で作られるセレスト・モガドールのブローチ。ラディッシュの色とカーキの相性がいいんです。

Q2. 今、ほしいアイテムや服はありますか?
ドリス ヴァン ノッテンのTシャツとカーディガン、鮮やかな黄色を考えています。

Q3.おしゃれを楽しむために必要ものは?
自分のスタイルを表現すること。

Q4.おしゃれのポリシーは?
いいものを選ぶこと。いいものはたくさん買えないから、少しずつ手に入れて、大切に使います。

Q5.
30年前からファンのドリス ヴァン ノッテン。質の高さや色使いが素晴らしい。

/

キーワード