きちんと感のあるアンサンブルニットは世代問わず好かれる最強アイテム

那須さん私服全身

ケアマネジャーとして忙しい毎日を送る那須明美さん。私服にも、周りの人への気配りがあふれていました。

この日の私服は、20代の頃から変わらず好きなだというブランド『New Yorker』のアンサンブル。リラクシングな素材ながら、きちんと見えを叶え、もちろんトップスとカーディガン、それぞれ別に着ることもできます。

「仕事柄、目上の方と接する機会が多いので、清潔感があって、シンプルで、着回しの利くアイテムを選ぶことが多いですね」

ショートレザーブーツは、なんと30代(!)の頃に購入して以来、お直しをしながら大切に履き続けている『卑弥呼』のもの。

「とにかく履きやすいんです」というブーツは、ヒールが高すぎず上品に仕上がり、パンツにもスカートにも合わせやすい一足。

那須明美さんの私服

キーワード