世界中が注目の『シティポップ』。私の青春1970年~80年代のアルバム、ヘビーローテーションの7枚。

月川敦子さん シティポップ

かつて、音楽関係の仕事をしていたという〈クウネル・サロン〉プレミアムメンバーの月川敦子さん。音楽はいつも暮らしの近くにあり、月川さんの「ごきげん」を支えています。そんな月川さんが特にお気に入りという、1970~80年代の音楽について教えてもらいました。

「数年前まで、音楽制作会社のデスク担当でした。ゲーム音楽を得意とする会社でしたが、日常生活に役立つ音楽企画(眠りのための音楽とか)やライブ活動も合わせて行っていたので、それらのサポートをしていたのです」

そんなふうに、音楽を仕事にしてきただけに、音楽との関係も密接。楽しいとき、どうも調子が悪いとき、なんだか気持ちが浮かないとき、音楽の力を借りて日々をごきげんにしてきたといいます。

月川さんの家のレコード棚。

今も現役のレコードプレーヤー。

/

そんな月川さんがいまでも良く聞くというのは、青春時代に聞き込んだポップスたち……。

「1970-1980年代は、10代から20代にかけて過ごした胸キュンなとき。当時の日本の若者にJポップスは文化であり、生活を彩る大切なものでした。最新音楽も私は好んでよく聴きますが、あの頃の曲は今もしまいこむことなくエヴァーグリーンミュージックとして健在です。今やレジェンドとして君臨するユーミンや山下達郎さんは、ドライブのときカーオーディオから必ず流れていたし、ひとりウォークマンで街中を歩く時もプレイリストにはマストでした」

『シティポップ』として、世界中でいま注目を浴びていますよね。

「そうなんですよ!若いアーティストが竹内まりやさんをカヴァーしたり、大滝詠一のヒットアルバム『ロングバケーション』が豪華ボックス版で限定発売とか。リアルタイムで曲のリリースを見聴きしてきた者として、40年以上の時を経て我が子世代とも共有できるのはうれしいです」

月川さんの愛聴レコード

GO AHEAD〇 山下達郎/ ヤマタツサウンドは、とても奥行きあるものなので、広大な風景が似合いますよね。海や空がどーんと広がるCMや、ドラマで使われていたのも納得。この音が苦手な人いないのではないかな。 ライブステージでギター弾きながら歌う達郎さんは、とても脚が長くてきれいなプロポーションでした。

Beginning 〇 竹内まりや/デビューされたとき、可愛くて、歌がうまくて、賢くてポップスのバービー人形的な憧れの女性でした。” 戻っておいで・私の時間”は少しクラシカルでキュート。これも憧れる要因のひとつとなりました。

Aventure 〇 大貫妙子/まるで小説を読むような音楽です。彼女の声と世界感がなせる技で、唯一無二のアーティストだと思います。リズムやコードもお洒落。このアルバムの〝グランプリ”の疾走感が快感です。

Natural High〇 原田真二/私のJ POPにのめり込む始まりがこのひとです。テレビでみる歌謡曲歌手のなか、オリジナル曲をピアノ弾きながら歌う姿は新しかった。ここ数年ひょんなことから、お会いするチャンスがあり、10代であなたの音学と出会いその後の人生に影響を残しましたよとお伝えしました。

CMソング・グラフィティ ゴダイゴ・スーパー・ヒッツ 〇 ゴダイゴ/多数のCMを手がけたこのバンドは、英語の歌詞がとてもナチュラルにサウンドにのっていて、洋楽を聴いているようでした。アルバムの中の”ミラージュのテーマ”がお気に入り。

KUTCLOUD〇PINK CLOUD/理屈なしでかっこよいお兄さんたちでした!ギタリスト、ベーシスト、ドラマーひとりひとりを深く見聴きするきっかけになったバンド。ワタシには日本バンドでピンククラウド超えたバンドは未だに現れていません。

SOMEDAY 〇佐野元春/ 音も歌詞もとても純粋なロックンローラー。16歳のワタシは一度佐野さんのライブを体験したら、またあのロックンロールナイトが、恋しくて何度も足繁く通いました。 このアルバムでは、当時歌謡界のトップにいた沢田研二さんがボーカル参加した〝Vanity Factry‘’での絡みがすごかった。

/

キーワード