好条件とはいえない場所でも植物生き生き。ガーデニングプランナーの夫と試行錯誤でつくった庭。

松田尚美 庭

一軒家をフルリノベーションし、フランスアンティークが映える美しい家に整えました。家づくりの要は、ふんだんに配した緑。緑にとって良好とはいえない環境でも、知識と経験で最良を探ります。

ブロカント」という屋号で、夫婦で商いをする松田尚美さん。夫はガーデンプランニングを行う緑のプロ。1年前に新居を構えたときも、植栽は夫に委ねることにしました。

「ただ、キッチンは私が長くいる場所なので、庭づくりに参加しました」
キッチンの奥には土間に続く小さな庭。チャコールグレーのタイルが敷かれたかっこいい空間です。

「真南に位置するのですが、塀に囲まれていて日当たりも風通しもそこまでよくない。どんな植物が適しているのか、あれこれ置きながら実験中です」

 地植えしたブルーベリーとノリウツギを軸に、山野草を植えるなどいろいろ試したそうですが、この夏は時計草の花が見事に咲いたと顔を輝かせます。キッチン奥の庭のほかに、玄関のハーブ園、ベランダの菜園など、たくさんの緑と暮らす松田さん。草花を多く育てることで、都会でもこんなにも自然に近い、豊かな暮らしができることを証明しています

「キッチンは一番長くいる場所。光や風、緑を感じながら料理をしていたいと、庭と隣り合う間取りにしました」。黒いフレームの窓、フルオーダーしてつくった鉄扉など、重厚な建具がグリーンを引き立てる。

視界が気になるベランダは 木の塀で囲っているが、木 製なので植物とのなじみが よく、圧迫感もない。棚を つくって植木鉢を置く。

2階のベランダはウッドデ ッキを敷いて、バジル、ト マト、唐辛子などの野菜を 中心にレイアウト。「子供 のお弁当に活用してます」

家の顔となっているアンテ ィークのらせん階段を上っ た先にはゴムの木。石のよ うな素材の四角いプランタ ーが大人っぽい雰囲気。

アンティークの棚に紫の花が映える。

庭に面したキッチンは、日中、光がたっぷり入る。

/

キーワード