【ささやかな贅沢始めました1】モデル・山葉子さんの家時間を豊かにするシンプルで質のよいもの

山葉子さん1

遠出が難しく、自由に人に会うこともままならない昨今。でも、だからこそ、気持ちが高揚したり、ほっと癒してくれる身近な存在に気付いた方も多いのではないでしょうか。自分なりの豊かさを追求する4人の女性たちに、お話を伺いました。

十代でファッション誌の専属モデルとなって以来、雑誌や舞台など、人前に立つ機会の多かった山さん。そんな職業柄もあり、どちらかというと意識はいつも、“外側”に向いていたと話します。けれど今春以降、世の中が大きく変わろうとする中で、自身の中にも変化が生まれました。

「これまでは、お会いする人に自分がどう映っているか、ということを常に気にしていたんです。でも、自宅で過ごす時間が格段に増えて、気軽に仕事仲間や友人に会うことも叶わなくなったことで、散歩や瞑想する時間が増え、自分の“内側”をより深く考えるようになりました。すると自然に、自分が本当に好きなもの、必要なものを選ぶ基準が、研ぎ澄まされていったんです」

なめらかで上品な光沢を放つリヨセル地のコンビネゾンは、公私に渡り親交のある大橋利枝子さんのブランド「フルーツ オブ ライフ」の一着。

「袖を通した瞬間、あまりの着心地の良さやシルエットの美しさに感動しました。どこも締め付けがないのにエレガントで、部屋で寛ぐにも、おしゃれ着にも、重宝しています」 と、山さん。

/

そうして自問した結果、山さんの暮らしの新たなスタンダードとなったのが、今回ご紹介したアイテムたち。どれも、一見シンプルですが、細部にこだわりを宿し、普遍的な美しさを持っているものばかりです。

「服選びひとつとっても、“自分のための服”という基準で、肌なじみが良くて、体はもちろん、心までリラックスできるものを選ぶようになりました」
ささやかだけど、自分にちょうどいい贅沢―――。
そんなものたちが、山さんの今日に、温かみを添えています。

フランス伝統菓子の名店「オーボン ヴュータン」が作るスペシャリテ「ウィークエンド」は、山さんにとってのご褒美スイーツ。「お店では配送もしてくれるので、友人に贈ったりもしています。重厚感あるインテリアや、キャッシャーが別導線になっていたりするシステムも、本場パリのパティスリーさながらで、お気に入りです」

今春まで、部屋に香りのものを置く習慣がなかった山さんですが、知人からサシェをもらったことを機に、同じ「サンタ マリア ノヴェッラ」のポプリや「エスパス」のエッセンシャルオイルを買い求め、その心地よさを再認識しているそう。「どちらも、ただ癒されるというより、女性的な感覚を呼び覚ますような野性味が持ち味ですね」

増えるおうち時間の中で、カーテンやベッドリネンを、思い切ってすべて白で統一。白である理由は「ニュートラルな自分に戻れるように」と、山さん。「通年使えるリトアニアリネン地のものを、ネットで買い求めました。日常的に使う布は、目に触れる機会も多く、気が籠りがちなので、新調して気持ちも晴れやかになりました」

/

『ku:nel』2021年1月号掲載
写真 砂原 文 / 取材・文  権 佳恵 / 編集 鈴木麻子

キーワード