『ミナ ペルホネン/皆川 明 つづく』は、ミナの軌跡と未来が詰まった展覧会。

ミナペルホネン展示1

来たる2020年、設立から25周年を迎える『minä perhonen(ミナペルホネン)』。その節目に、2019年11月16日から2020年2月16日まで、東京都現代美術館にて「ミナ ペルホネン/皆川 明 つづく」が開催されています。

前身となる「ミナ」がスタートした1995年から現在にいたるまで、ファッション領域にとどまらず生活全般へと広がっていったこれまでの活動を一同に展示している「ミナ ペルホネン/皆川 明 つづく」。

会場は、「実」「森」「風」など自然界に例えられた8つの各章に分けられています。

さらに、生地、洋服、プロダクトの展示のほか、デザインの原画や映像を交えてミナ ペルホネンの世界を紹介。

特に、約25年分400着以上という洋服の展示や、ミナの特徴的なテキスタイルのデザイン画には、つい見入ってしまいます。

ミュージアムショップで販売される関連グッズや、皆川さんとゆかりのある方をお招きして、複数回実施される豪華なクロストーク(抽選)にも注目です。

/

キーワード