大人だからこそ楽しめる、「マスク」ファッション。寺本美樹さんの素敵なコーディネートを紹介

寺本美樹さんマスク

アパレル業界で長年活躍し、ファッションと共に生きてきた〈クウネル・サロン〉プレミアムメンバーの寺本美樹さんは、マスクをファッションの一部として取り入れた素敵なコーディネートを毎日楽しんでらっしゃいます。その一部をご紹介。

「おしゃれの達人」として、クウネル本誌に度々登場している寺本美樹さん。個性を生かした素敵なファッションは憧れの方も多くいらっしゃいます。最近、寺本さんが楽しんでいるのは、マスクをコーディネートのポイントや一部として取り入れること。そのセンスは、真似したくなるものばかり。お洋服に合わせて、バンダナや生地からマスクを自作しているのも寺本さんのポイント。

「マスクが日常にすっかり定着したアイテムになり、白い医療用のマスクから私らしいマスクで遊ぶ余裕が出て来ました。コーディネートし易いのが断トツ黒です!」とのこと。マスクは、良い香りの洗剤で手洗いをしているそう。顔の肌に直接触れるものだからこそ、大切にケアしたいですよね。

『パタゴニア』のバンダナから自作したマスク。

『THE MONOCLE SHOP』のMマーク入りのマスク。

雑誌『GINZA』に掲載されていたのを見て即通販。ヒモが長いので結びのアレンジができます。

マスクをアクセサリー感覚で楽しんでいます。

シルクはぐっとシックなコーディネートに。

アウターと色を合わせたコーディネート。リバティ生地で自作したマスク。

/

とはいえ、マスクとファッションのコーディネートは難しそう……という方も多いのではないでしょうか。「顔まわりの色(トップスの色等)をマスクの色と同色にするとスッキリ合わせられます。迷ったら肌色と髪色!メガネやマフラーとのグラデーションカラーで選ぶのもいいですね」というアドバイスをいただきました。この法則に倣えば、簡単に取り入れられそうですね。

また「マスクの下でも必ず口紅!をおススメします。マスクは日常化。私自身もいつも通りなのです」と寺本さん。次は、「素材やカラーも増やして行きたいです。次は赤のマスクがほしいと思っています」とのこと。赤いマスクのコーディネートも気になりますね。

キーワード