銀座で買える旅の味。『荻野屋』の峠の釜めしを『GINZA SIX』で。

峠の釜めし

思うように旅に出かけられないいま、旅に対する欲求を食で埋める人が増えているようです。地方特産の味などを取り寄せたり、百貨店などの駅弁を購入したり……。先日は、『GINZA SIX』であの峠のかまめしを見つけ、自宅にいながらちょっとした旅気分を味わいました。

味覚と視覚で旅に出ました。『荻野屋』のとうげの釜めし。思えば、旅先で食べた記憶はほとんどないのですが、なぜか旅情がかきたてられるトラベルフードですよね。群馬県・安中市にある『荻野屋』が販売する釜めし弁当。1958年に信越本線の横川駅で発売をスタートし、その後、ドライブインやさまざまな駅で買えるようになりました。最大の特徴は、 益子焼の土釜に入れられているというところ。駅では温かい状態で販売されています。関東に住む人なら、誰しもが一度は食べたことがあるほどの定番駅弁ではないでしょうか。

彩も味のバランスも最高な釜めしは1,100円(税込)

もちろん別添えの漬物も付いてきます。

軽くて持ち運びしやすい紙の容器も。

『荻野屋』のHPでは、容器を使った様々なレシピが見られる。1合のごはんんも炊ける。

/

そんな超人気の駅弁、先日思わぬところで出合いました。趣味のデパ地下パトロールを『GINZA SIX』でしていたら見つけた、OGINOYAのオレンジの暖簾。棚に積まれているのは、小釜にオレンジのかけ紙、ブルーの紙紐の釜めし弁当!!今日のお夕飯はこれだ!と色めき立ち早速購入しました。

自家精米したコシヒカリを、利尻昆布と秘伝の出汁で炊きあげた、ほのかな醤油風味の炊き込みご飯の上に、鶏肉、ごぼう、椎茸、筍、グリーンピース、栗、うずらの卵、杏といった具材が盛り付けられている釜めし。 食感や味わいバラエティ豊かな、完璧な布陣の9種の食材をバランスよく食べながら、味のしみたふっくらご飯をいただきます。

久しぶりにいただいて思ったのは、思い出の3割増しでおいしいということ!昔好きだった味というのは、大抵は思い出補正で、実際に食べると「あれ?」となるのですが、釜めしはその逆でした!飽きることなく食べられて、本当においしい。
『GINZA SIX』 の店舗では、紙の容器の方は午前中から、釜の容器の方は2時過ぎから販売しているようです。

キーワード