持ち物すべてにストーリーが。愛着品のみに囲まれたパリの豊かな暮らし。

ヴァレンティーナ ムッジア

時を経て味わいを増したアンティーク、旅の思い出が詰まった雑貨など、愛すべきものに囲まれて暮らすヴァレンティーナさんを訪ねました。

イタリアとフランスでセレクトショップを経営するヴァレンティーナさん。数年前にパリにもショップを開き、ふたつの国を行ったり来たりする生活に。

「身の回りや家の中で使うものは、ストーリーがあるものが好き。だからアンティークや旅先で見つけたものが多くなります」。蚤の市に出かけ、自分のアンテナに響いたものは積極的にストーリーを尋ねています。
「大きな木の幹をくりぬいて作った素朴なオブジェが気になり、出店者に話しかけたところ、農家のおじさんが作ったという、昔の動物用の器でした。いろいろな大きさのものを買い、もちろん私も使っていますが、最終的に店の顧客の洗面台になったものもあるんです。そんな意外性に惹かれます」

インテリアでは古いものと新しいものをミックスさせ、そのコントラストが面白いと感じています。たとえば昔、職人が使っていたという武骨な家具の上に、繊細な陶器を並べてみたり。「スタイルや時代が違うものを色だけを合わせたり、素材が違うものを色で合わせたり。あれこれ組み合わせ、個性が表現できることが喜びなんです」

イタリアのマルシェで見つけた200年前の種を保存するための木の器。

アンティークのスーツケースに、古いテーブルの足と鏡をつけたドレッサー。

義母から受け継いだガラスのジャー。

南仏サントロペで100枚をセットにして売っていたアンティークのお皿。

ネイティブアメリカンがプリントされたひざ掛けがピンクのソファにマッチ。

/

写真 篠 あゆみ/コーディネート 石坂紀子/文 今井 恵

キーワード