花の美しさを箱に凝縮!ニコライバーグマン がフラワーボックスの展覧会を開催中。【~11/30】

ニコライバーグマン

デンマーク出身のニコライバーグマンが考案し、今やフラワーギフトの定番とまでなったフラワーボックス。今年20周年を迎えて、六本木ヒルズでの展覧会を開催。

フラワーボックス生誕20周年を記念し、「The Flower BOX Exhibition  Celebrating 20 years with the original Nicolai Bergmann flower box」を 六本木ヒルズを皮切りに、ニコライ・バーグマンにゆかりのある地で開催。2021年には福岡・太宰府天満宮、宝満宮竈門神社、京都・清水寺での実施も予定。

展覧会では、シグネチャーアイテムとなった黒いフラワーボックスの他に、シーズナルのデザインやブランドとのコラボアイテムなど、これまでに作った100種以上のフラワーボックスが集結! 5メートル×5メートルの巨大な「フラワーボックス」やニコライ・バーグマンが敬愛するアーティストやクリエイターが、フラワーボックスからインスピレーションを受けてデザインしたボックスや作品にフラワーアレンジメントを施した、アート作品も披露される。

また、 会場のミュージアムショップ内にて、ミニフラワーボックスを作成できるワークショップも開催。10色のボックスから1つを選んで、その中に自分な好きなフラワーを入れられるオリジナルの「ミニフラワーボックス」を作れます。大切な方へのギフトにも、コロナ禍の心の癒しにも。

5メートル×5メートルの巨大な「フラワーボックス」

「Box Art」

PRADAとのコラボした円形のボックス

/

キーワード