新鮮な着こなしが50代の憧れ!岡本敬子さんの秋のおしゃれスナップ

岡本敬子さん

「おしゃれは元気の源!」という岡本敬子さん。SNS上で日々、鮮やかなスタイルを紹介し、自由に、存分におしゃれする楽しさを発信しています。秋のおしゃれをスナップしました。

→第一弾はこちら

鮮やかな色を自在に操り、華やかおしゃれが基本ですが「なぜか夏から秋は黒を着たくなる」そうです。
「空や太陽の光の色に関係があるかも? ギラギラした光に負けない派手な色をぶつけることもありますが、その逆も。空も緑も色濃い夏場は、トーンを落とした装いも楽しみます」

自著のタイトルにもあるように『好きな服を自由に着る』がモットーの岡
本さん。服選びのポイントは?「大切なのはカッティングです。パタ
ーンがきれいだと着た時にきれいに決まる。そして、サイズ感は大事なので、お直しも積極的にしますよ。また、定番アイテムこそ、アップデートが重要だと思っています。カットソーやデニムなど基本アイテムも、シーズンによって更新されていて、そこがズレると古っぽく見えてしまう……。定期的に見直しが必要だと思います」

秋のブラック&ベージュ

【1】色のトーンを合わせ、バランスをまとめつつ、外しの小物でメリハリ

岡本敬子さん
白やベージュは膨張色なので、すっきりと着こなすことを意識。ブラウスはウエストインして、タイトなシルエットバランスに。キャ ップ、スニーカー、エコバッグのカジュアルアイテムを足して、抜け感を意識。

【2】ボリューム感のあるシルバーアクセが映える黒スタイル

岡本敬子さん
「Suguri」の品よく甘いカチューシャが目を引くブラックコーディネート。黒でまとめる場合は、重くならないように透け感のある素材をチョイス。ワントーンでまとめたシックな装いは、シルバーのアクセサリーの存在感が際立つ。

【3】薄手ワンピースを秋は羽織りとして活用する着方も。

岡本敬子さん
シルクの柄トップスに同じくシルクのワンピースを羽織った。軽く上品なシルクは大好きな素材で、一年中着ている。デニムはインディゴカラーよりも、ライトブルーのほうが好み。「軽さと抜け感が表現できます」

もはやトレードマークとなったアイウェア。アクセサリー感覚で重宝。「ブラック系は顔なじみがいい。これだけでモードな雰囲気になります」

バロックパールネックレスは、軽く扱いやすい。「顔周りが明るくなり、 どんなスタイルにも合わせられる万能アクセサリーです」

ブラック系にもベージュ系にも合うヘッドアクセサリー。このほか、ターバンを巻いたり、帽子をかぶったり、頭も含めてコーディネート。

/

キーワード