【小林麻美さん連載】アートについて私の思うこと

小林麻美 アート

おしゃれミューズの小林麻美さんの人気連載。今回のテーマはアート。興味はあるけれど、やや難解なアートについて思いを巡らせたエッセイ第一弾です。写真は小林さん注目のアーティスト舘鼻則孝さんのシューズ作品。革の上にシルバーコーティングしたクールな1足。

実家にはずいぶん長い間
イーゼルや描きかけのカンバスが
埃まみれになって置いてあった
高校の頃は 学校の必修に油絵が入っていたから
かなり習って描いていた  だけど
思ったように描けないし あまり楽しくない……
私には絵は向いていないかも!
見るほうが向いている
たぶん そのとき そんなことを思ったはず

それから 長い長い時間が過ぎて
子供にも少しは手がかからなくなったとき
学校のママ友達が
それは綺麗ないちめんの桜の屏風を
夏休みの親子作品展に出していた
思わず「綺麗! 上手ですね」
と話しかけたら
「あなたにも描けるわ! 一緒に習いましょう」
と誘ってくださり 日本画を習うことに
それから 楽しくて 夢中で日本画を描いていた
何とか かなり大きな屏風を
描くところまでたどり着いて
念願の桜の屏風を描いたり
カサブランカの屏風も描いた
あるとき
次はマリリン・モンローを描きたい
枕屏風で と閃いた
すぐにモンローが黒いドレスで赤いヒール
金髪の後ろ向きに横たわって……
と 完全に私の頭の中には
一枚の屏風画像ができあがっていた
さて いざ描こうと頑張ったけど
下絵すら 思い描いたように描けなかった自分が悔しかった
やっぱり きちんとデッサンや基礎を大切にやらないと
アレンジは難しいのだと つくづく思った!
どんなことも
きちんとした基礎ができているから崩せるんだと
わかっていたけど 思い知った私

キーワード