午前中には売り切れ?!幻のジャムパンはフルーツの瑞々しさ際立つ大人味。

大人のジャムパン

銀座に入手困難のジャムパン店があります。人気の秘密は、パリッと焼いたパリジャン生地に、フルーツのフレッシュなおいしさがそのまま伝わるたっぷりのジャム。甘すぎないジャムパンは新感覚で、「大人のジャムパン」と評される所以です。

クウネル編集部のある東銀座に、大人のジャムパン屋さんができたと聞いたのは数ヶ月前。しかし、お店がある辺りを何度ウロウロしても見つけられません。不思議に思い、調べたら謎が解明しました。超人気店ゆえ、午前中に売り切れる事がほとんど。何度か訪ねた午後には、すでに閉まっていたのでした!

さて、そんな行列ジャムパン店「月と花」。何が「大人」なのかというと、パンがパリッと香ばしいパリジャン。店内奥の工房で焼き上げているというパンはバゲットよりやや柔らかく、外はパリっと、なかはふわふわの食感のよい生地です。
もうひとつの特徴は、旬の果物のおいしさをそのまま凝縮したようジャム。国産のみを使用しているという旬の果物の甘みや香り、酸味がダイレクトに伝わってきます。

甘くないフレッシュなジャムとパリパリ生地の組み合わせは、確かに大人のジャムパン。幸運にもほとんど並ばずにこの日買えたのは、夏みかんとマーマレード、キウイとレモンの2種。どちらも、果物の香りが濃く感じられて、贅沢なおいしさでした。

ジャムはパンが焼きあげてから入れる「後入れ」の製法。

店舗は銀座の歌舞伎座のすぐ近く。

開店時には10種類ほどのパンが並びます。

価格は1個300~380円。

たっぷり入ったジャムは甘み控えめ。

/

キーワード