新しいライフスタイルがここにも!丸の内仲通りが気持ちのいい公園に変身。

丸の内ストリートパーク

密を避けるライフスタイルが当たり前となったいま、人と集うときにテラス席などの屋外を選ぶ人が増えています。そんな需要にぴったりなスポットが丸の内にて期間限定で楽しめます。

国内外の一流店がずらっと並び、街路樹の緑が気持ちよく、石畳みが美しい……。NYの五番街のような、、というといいすぎでしょうか? 私が東京でいちばん好きな場所、愛すべき丸の内仲通りが、ますますワクワクするスポットとアップデートされています。

その名も「Marunouchi Street Park 2020」。7月27日(月)~ 9月6日(日)の期間中、丸の内仲通りの3ブロックが公園として開放されています。道路に天然芝が敷かれ、バラエティ豊かなテラス席が散在していて、とにかく気持ちいいのです。 近隣のカフェやレストランでテイクアウトして、 テラスで語り合う休日はいかがでしょう?

私たちの暮らしが新型コロナウイルスの影響を受けているいま、密集・密閉・密接を避ける新しいライフスタイルの提供を目指しているのだそうですよ。たとえば、WEBではそれぞれの空間の利用状況やワーカーや来街者のリアルタイムで各ブロックの混雑度が「Social Distance MAP」で確認できるのだそう。 夜にはキャンドルやバルーンライトが灯るそうで、夜も素敵そうです。

「Open Air Office」エリアでは、 フリーWi-Fiや電源設備を整えて、お仕事をすることも可能。ドームテントや様々なパラソル、酷暑対策として屋外冷房のサービスも。空間の仕切りは、今年中止となったオリンピック・パラリンピックで使用予定だった八丈島産のヤシの木を利用しているのだそう。遠くに行きづらいいま、都会のオアシスでひと息いれませんか?

/

キーワード