使い勝手抜群!東京駅構内グランスタの『ブルディガラ トーキョー』がリニューアル。

ブルディガラ4

東京駅構内グランスタのベーカリーカフェ『BURDIGALA TOKYO(ブルディガラ トーキョー)』が、2020年7月リニューアル。ぐんと使い勝手も良くなりました!

「日常生活を少しだけ上質に」をコンセプトに、東京・広尾に本店を構える『ブーランジェリー ブルディガラ』。店頭には厳選した小麦粉で作りあげる本格欧州パンや発酵バターの香り高いクロワッサン、旬の果実を使ったデニッシュなどが並び、パン通・食通たちからも愛されている名店です。

今回リニューアルしたのは、東京駅構内「グランスタ」にあるベーカリーカフェ『ブルディガラ トーキョー』。東京駅を利用するさまざまな人の幅広いニーズに応えられるよう、店内には2つのShop in Shopが併設されています。

ひとつは、こだわりのスイーツや東京土産が並ぶ『BURDIGALA PATISSERIE(ブルディガラ パティスリー)』。もうひとつは、焼き立てのクロワッサンやコーヒーをテイクアウトできる『CAFE TO GO』。
創業1936年の銀座5丁目トリコロール本店が監修したオリジナルブレンドの味わい豊かなコーヒーや、焙煎の異なる2種類の豆をミックスしたアイスコーヒーをいただくことができます。

今回のリニューアルに伴って、東京駅お土産ランキングでもたびたび登場する人気商品が、パワーアップして復活登場しました。「大人のメロンパン」というコンセプトのもと作られた「パヴェ」は、語源の石畳をイメージした形状にこだわっているそう。
さらに注目は、注文を受けてからひとつひとつ作る、自家製和栗クリームのモンブラン。 カシスリキュールを染み込ませた自家製ブリオッシュに、和栗クリームを絞り、さわやかさを演出するため、最後にレモン果汁をひとふり。店内の仕上げスペースにて、目の前で和栗クリームを絞ってくれるので、出来立てを頬張ることができます。

早朝から夜まで、長い営業時間も嬉しいところ。その日の気分や好みで、使い分けたいですね。

/

キーワード